パワプロのことを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのことを書くだけです。

【OB選手】荒巻 淳(投手) 1950年査定【パワナンバー】

選手公開です。

最近、ドラフト用公開してないなぁ。

 

では能力。

f:id:halucrowd:20180222195939j:plain

f:id:halucrowd:20180222195943j:plain

 

荒巻 淳

1950~1962年

ポジション:投手  投打:左投左打

 

通算記録

508登板(内169先発) 2202回2/3 2.23 勝率.618 173勝107敗 

完投85 完封16 奪三振1069(率4.37) 四球458 死球13 四死球率1.92 暴投19 被本塁打100(率0.409) 被安打1834 失点695 自責点546 WHIP1.04

 

【キャリアハイ】1950年

48登板(内19先発) 274回2/3 2.06 勝率.765 26勝8敗 

完投16 完封3 奪三振150(率3.92) 四球55 死球1 四死球率1.83 暴投1 被本塁打11(率0.360) 被安打240 失点86 自責点63 WHIP1.07

 

毎日の快速球選手、荒巻淳選手です。

前にドラフト用を査定して作ってたんですが、あまりにもおかしかったので作り直しました。

登板数に比べてあまりにも先発が少ない。中盤から出て最後まで投げきって勝ちを攫っていった選手って感じですかね。

初年度に最優秀防御率最多勝を記録しており、初の新人王に輝いた怪物。

ただ、初年度の無理が祟ってか翌年と翌々年は成績を落としたものの、技巧派として復活。長らく防御率2点台の成績を残し続けました。

 

査定について

前述の通り、後年は技巧派として活躍していたため、能力として異なります。

なので、今回は初年度の査定ということにさせていただきました。ご了承ください。

 

基礎能力

球速は快速球とのことだったので、ガン盛りで154km/h。

コントロール四死球率が2.00弱と非常に良いのでAに。4無四球もありますし。

スタミナは中継ぎの多さからBAにしようかなと思いましたが、19先発の内の16が完投なのでSに。ただその分回復はCで落ち着かせました。

 

変化球

「チェンジアップ」「鋭いカーブ」の記述があったのでその通りに。

チェンジアップはアマチュア時代から投げ込んでたとのことだったので多めに。総変化は防御率を考慮して10に。

 

特殊能力

対左打者C:左からの鋭い速球は左打者に強かったと思うので。言ってしまえばノリです。

ノビB快速球のイメージから。

尻上がり:完投数が非常に多いので、最後まで投げきることが出来ただろうということで。

クロスファイヤー:「火の玉投手」と呼ばれてたことを受けて。

調子安定:1950年は知りませんが、翌年以降も2点前後の成績を続けたので。

 

野手能力

足が速かったことを受けて走力をC67に。代走としても活躍し、安打の約半分が二塁打。走塁もつけたかったんだけど、技術ポイントが足らなかった。

それなりに打ってはいたので、弾道は2に。もう少しミートとパワーを上げたかったけど、技術ポイントがね…。

 

勝ち運について】

ま~た同じようなこと書いてる気がしますが、気にしない。

1950年の毎日オリオンズの成績

勝率:.704 防御率:3.42 

1950年の荒巻淳の成績

勝率:.765 防御率:2.06

そりゃ勝ちますわ。

 

以上。

 

 

 

 

heroin.hatenablog.com