パワプロのことを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのことを書くだけです。

【査定】呉昌征【リクエスト】

 

これです。

 

正直作りたい気持ちはいっぱいあったのですが、後述の理由により嫌になった無理だと判断したので、査定だけにします。

f:id:halucrowd:20180310200050j:plain

 

 

呉 昌征

1937~1957年

ポジション:投手 外野 投打:左投左打

 

【打者通算記録

1700試合 .272(4867打数1326安打)  159二塁打 81三塁打 21本塁打 389打点 880得点 381盗塁(ー) 

465三振 818四球 24死球 81犠打 6犠飛※ 12併殺※ 出塁率.379 長打率.351 OPS.731

 

【投手通算記録

31登板(内23先発) 199回0/3 3.48 勝率.682 15勝7敗 

完投17 完封2 奪三振66(率2.98) 四球70 死球3 四死球率3.30 暴投2 被本塁打6(率0.271) 被安打196 失89 自責点77 WHIP1.34

 

 

【打者キャリアハイ】1943年

84試合 .300(297打数89安打)  12二塁打 4三塁打 2本塁打 54打点 68得点 54盗塁(.915) 

25三振 85四球 1死球 3犠打 出塁率.457 長打率.387 OPS.844

 

【投手キャリアハイ】1946年

27登板(内20先発) 181回1/3 3.03 勝率.700 14勝6敗 

完投16 完封2 奪三振63(率3.13) 四球65 死球2 四死球率3.33 暴投2 被本塁打5(率0.248) 被安打172 失点71 自責点61 WHIP1.31

 

※は記録がない年があるためこれよりも多い。

盗塁成功率は盗塁死が記録されていない年があるため不明

 

 

打者のキャリアハイは1950年かとも思いましたが、やはり首位打者を獲得しているほうが見栄えが良かったので1943年を採用。

 

作ってもないのに長々と語るのはなんか嫌なんですが、地味に投手としてノーヒットノーランを達成してる凄い御仁で、最低の首位打者としても知られています。(.286での首位打者は球史史上最低の記録)

恐ろしい選手です。

 

 

打者査定

投打共に査定する必要がありますが、まずは打者のほうから。

 

基礎能力

1 B72 D50 A88 B71 C63 D50

 

弾道は本塁打の少なさから1に。ミートは打率と弾道の低さを考慮してBに。

パワーは低いと外野まで飛ばず、三塁打が少なくなると思われたのでDに。本塁打が出ないようにミート多用をつけることで対応。

走力は盗塁数や三塁打の多さを考慮してAに。肩力は外野から投手に転向したことも考えてBに。*1

守備はそれっぽくCDにした。捕球は2017年度の記録などと比べてそれっぽく。*2

 

特殊能力

盗塁A:キャリアハイの盗塁成功率を見てみよう。うん。頭がおかしいね。

走塁A三塁打の多さを考慮して。走力が高いのでBでもいい気もする。

送球B:投手転向へのキッカケが「外野からバックホームを綺麗に返せるから」というものだったので。

粘り打ち:三振数の少なさを考慮。

ミート多用:上述の通り。

積極盗塁:盗塁企図率を考慮

積極打法:三振数の少なさを考慮。

選球眼:積極打法をいれたことによる四球数の減少への補填。

 

 

投手査定

正直投げているのが1946だけなのでその査定になります。他は考慮しない。

 

基礎能力

148km/h コントロールD58 スタミナ:S90

 

外野から投げれる肩があり、投手転向の進められるくらいなのでそれなりに速かったと推測し、148km/hで。

コントロール四死球率から。スタミナは投球回・完投数を考慮してSに。

 

変化球

ドロップ3 カーブ4

 

どこを探しても呉昌征の変化球が何かわかりません。が、この時代の選手は大体カーブを投げてるのでそれで。ここは本当に適当極まりないですが、情報が見つからないからしゃーない。流石に1年だけ投げた選手のことは載ってないっぽいです。

あれば訂正するので情報があるひとは教えてください。

 

特殊能力

打たれ強さB:完投の多さから。

回復C:二刀流なのでAをつけるべきかと思いましたが、2016の仕様では二刀流のAに意味があるように思えないので登板間隔から判断。

重い球奪三振率の低さから。打たせて取るタイプの投手と判断

逃げ球:被本塁打率の低さから。この時代は被本塁打自体がすくないが、そんなことは考慮しない。

 

以上。

 

 

ちなみにコレを作ろうと考えたときに必要な経験点を野手だけ計算してみました。

元になるのは

 

1 F20 F20 F30 XX E40 F30*3

 

これを上記のものになるために必要な経験点を導き出します。

なお、成長アイテムを全て装備しておりセンス100という条件下で考えます。

その結果

筋力:400 敏捷:941 技術:596 精神:313

ゴールドカードなどを使えば…敏捷は10回くらいショッピングモールで「威圧感の本」を入手すればいけますね!(敏捷のみであることを頭に入れて欲しい)

ちなみにこれは投手能力を一切考慮していないので…。

まあ作ろうと思えば作れんことはないと思いますが、労力があまりにもかかりすぎます。正直言えば面倒くさい。

最近金やんやSAWAMURAとかで結構懲りたので根性のいる制作はしばらくやめたいです。というわけで作りません。

 

南国リゾート高校に期待しましょう。おわり。

*1:ここは結構適当

*2:比較対象は巨人の長野選手

*3:肩力は投手側では弄れないので考慮しない