パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB選手】嵯峨 健四郎(投手)【パワナンバー】

予告通り嵯峨健四郎です。

 

では能力。

f:id:halucrowd:20180220213013j:plain

f:id:halucrowd:20180220213020j:plain

 

嵯峨 健四郎

1960~1968年

ポジション:投手  投打:右投右打

 

通算記録

196登板(内119先発) 795回1/3 3.16 勝率.558 53勝42敗 

完投23 完封11 奪三振320(率3.62) 四球213 死球15 四死球率2.58 暴投14 被本塁打81(率0.917) 被安打715 失点324 自責点279 WHIP1.17

 

【キャリアハイ】1966年

46登板(内33先発) 244回0/3 2.32 勝率.654 17勝9敗 

完投13 完封4 奪三振80(率2.95) 四球56 死球6 四死球率2.29 暴投6 被本塁打19(率0.701) 被安打204 失点71 自責点63 WHIP1.07

 

東映の嵯峨健四郎選手です。

超隔年選手ですね。1964~1967の防御率が2.68→4.43→2.32→5.35です。

この選手も情報探るのが大変だった。本当にないもの。

 

査定について

基礎能力

球速は「速くない」という情報が多かったので遅めに。

コントロール四死球率を考慮して。あと一発をつけるべきだったので少々盛った。

スタミナは結構適当。正直弱くしすぎた気がするけど、登板数から回復Bにはするべきだと思ったので少し弱めにした。

変化球

持ち球はスライダー・カーブ・シュートだが、どっかの切り抜きだと思うんだけど球種がすごくスライダーが多かったのでスライダーを多めに。

「シュートが決め球だった」みたいなものも見つけたのでシュートの比率を高めに。

結果カーブが1になってしまった。

総変化は8。防御率を考えるとこんなもんだと思う。

特殊能力

怪我しにくさE:1965年に胃腸障害。怪我ではないけど、そういうところを表現したかった。あと隔年選手になりやすいようにね。

回復B:基礎能力値の欄を参照。

重い球奪三振率の低さを考慮。詳しくは佐藤進をご参照ください。

勝ち運:チーム状況を鑑みた結果。防御率の割りに勝ち越してる。

緩急○:球速を遅くしたので、これで調整を取った。

一発:飛翔が多いので。その代わり少しコントロールを盛った。

調子極端:隔年選手感を出すためのやむを得ない処置。

 

以上。少し弱いかもしれないけど、特殊能力をつけるにはあまりにも情報がなかった。しゃーない。

 

 

heroin.hatenablog.com