パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB選手・ドラフト用】ヴィクトル・スタルヒン(投手)【パワナンバー・画像ファイル・パワプロ2018】

とりあえず作りました。

パワフェスの限界を感じた。完全再現は五竜郭じゃないと無理かも。

明日、投手部分のみの再現っぽいのをUPします。多分…。

 

f:id:halucrowd:20180508223709j:plain

ご尊顔

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20180508223737j:plain

f:id:halucrowd:20180508223739j:plain

f:id:halucrowd:20180508223743j:plain

 

通算記録

586登板(内449先発) 4175回1/3 2.09 勝率.633 303勝176敗 

完投350 完封83 奪三振1960(率4.22) 四球1221 死球55 四死球率2.75 暴投50 被本塁打122(率0.263) 被安打3230 失点1221 自責点969 WHIP1.07

 

【キャリアハイ】1939年

68登板(内41先発) 458回1/3 1.73 勝率.737 42勝15敗 

完投38 完封10 奪三振282(率5.54) 四球156 死球11 四死球率3.27 暴投6 

本塁打4(率0.079) 被安打316 失点114 自責点88 WHIP1.03

 

太字はリーグ最高 赤太字NPB史上最高

 

 

数奇な運命を辿った不運の大投手、ヴィクトル・スタルヒン選手です。

NPB史上最高のシーズン42勝および日本初の300勝投手でノーヒットノーラン達成者(史上2人目)でありながら日本記録の通算83完封も記録してるレジェンドです。

(多分)ロシア人ですが、国籍はありません。亡命者なので。よって「日本人扱い」ということにしています。まあ当時は外国人登録のルールもなかったですし、いいでしょう。

ちまいことは下の記事で書いてますのでご参照を。

 

www.heroin-powerpro.com

 

 

 

 

査定について

ドラフト用ということで弱体化はさせてます。どう弱体化させたかは下記に記します。

 

基礎能力

球速:157km/h→153km/h

158km/hとか言われていますが、上記記事で157km/hの査定をしたせいで157km/hのイメージが強いので157km/h。それを弱体化。

コントロールD57D50

計算して見るとそこまで四死球率が高くないこと。当時は打低ということもあるが、被本塁打率が低いのでそういうのもあって。その分四球で調整を取ってる。沢村栄治と同じ(屁)理屈。

スタミナ:A89A82

Sになるのが嫌な病気なので。ドラフト用でBになると気持ち悪かったのでAにした。A80じゃないのは5の倍数が多い選手を見ると発狂する病気なので。

 

変化球

記述があったドロップ、シュート、シンカーを採用。まあ上記記事の通り。

ツーシームも同様の理由で採用。まあここは黎明期投手の同一化を避けるためってことが大きい。

 

特殊能力

説明すべきっぽいところだけ。

クイックC:クイックを織り交ぜてたりしたらしい。この時代にそれはスッゴイ。

低め○:外角低めの球のコントロールが良かったらしいので。

回またぎ:中継ぎ時は回またぎアリアリだったので。

力配:この時代の投手は…ね。

四球:上述の通り調整。

 

野手能力

結構打っているのでそれなりに高く見積もりました。

ただし、補殺が多いものの守備率は低かったため捕球はかなり弱めに。

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20180508225600p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

以上です。

サクセス選手の再現とか言っておきながら大嘘ぶっこきました。いや、純粋にスタルヒンのリベンジがどうしてもしたかったんですよ。上記のやつ何故かムード×ついてるし。

サクセスで作れると判断したら再現版をサクセスで作り直します。とりあえず野手能力が難しすぎる。

 

 

 

www.heroin-powerpro.com