パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

パワフェス マネージャー評価②

昨日の続きです。

今回は最後まで。初期選択の下半分。無論ネタバレとかアリアリで独断と偏見の塊魂

 

 

 

 

倉家 凪:B (支良洲水産高校)

効果①:相手の球種がわかる 技術・精神に経験点ボーナス

効果②:初球○ 粘り打ち 意外性

支良洲水産高校のマネージャー。

最強レベルのアイテムのすけすけゴーグル状態になる非常に有用な能力。しかしレベルにより球種が判明する確率が変化するため安定はしていない。

これだけの能力だが、試合に慣れていないプレイヤーにとっては非常に助けになるマネージャー。特にチェンジアップなどの球速が大きく違う変化球に対応できることや変化が大きいSFFなどの球種を打ち損じる可能性も大きく減ることは非常に大きい。

パワフェスはサクセスと比較して難しいため、彼女を手に入れたら初期メンバーに加えてパワフェスに慣れるということも手だろう。

 

 

姫野 カレン:S 

効果①:特殊効果(後述) 変化球・精神に経験点ボーナス

効果②:ムード× 三振 併殺

社会人プレイヤーをつれて2回戦にカジノへ向かい、3回戦でプロ野球レジェンズに勝利し、再びカジノへ向かうと1/2で出現するマネージャー。最強格の1人

特殊効果は2つあり、1つは加入時にランク制の特殊能力をEGに落とすデメリット。

もう一つは初期メンバーに加えて1回戦から最終戦までカレン佐藤くんをフル出場させると超特殊能力を除く全ての能力のコツLvが+1されるという非常に有用な能力。

佐藤くんは非常に能力が低く*1をフル出場させることは慣れているプレイヤーでも苦しいが、その恩恵として全ての能力のコツが取得できることは非常に非常に有用。

特に素晴らしいのが2016では大豪月様×社長のコンボを起こさないと威圧感を取得できなかったものの、それなりの経験点を消費することで威圧感を取得することが可能。強い。

序盤に赤特殊能力が付与されるが、簡単な再現選手を作成するときに有用なので愛好家は多い。このデメリットについては試合間のうろつきで「メインホール」に行くことにより絶好調になるためある程度回避は可能。

相手に付与される特殊能力も非常に強いものが多く、最悪の赤特殊能力ムード×が確実に付与されるのは非常に強い。

無論、パワフェスに慣れていない内に彼女を扱おうとすると確実に痛い目を見るので慣れてきてから使用することをおススメする。と言ってもある程度慣れないと彼女を仲間にすることすら難しいのだが。

 

 

紺野 美崎:D (アナザーチャレンジャーズ)

効果①:主人公の出番が増える 全種類に経験点ボーナス(1.3~1.5)

効果②:内野安打○ 初球○ 対左打者A

アナザーチャレンジャーズのマネージャー。

主人公の出番が増えるものの、打者の場合は神良と似ており、あまり有用とは言えない。むしろ序盤は主人公の能力が低いのでこちらの方が分が悪い。

しかし、経験点ボーナスが非常に有用で比較的育てやすいのがこちらの魅力。むしろこっちがメイン。

アナザーチャレンジャーズでの加入をするのは非常に非効率的なので初期マネージャーに加えることがベターだが、他のマネージャーを仲間にしたほうがいいだろう。しかし、比較的安定して経験点を稼ぎたい場合には有用ではある。

 

 

 

黒沢 愛:F (仏契大学)

効果①:四球 一発 対左打者G

効果②:併殺 ムード× 対左投手G 筋力に経験点ボーナス

仏契大学のマネージャー。

相手に赤特殊能力を付与させるだけの能力で、あまり効果のあるものは少ない。

筋力ポイントがどうしても欲しい&経験点を稼ぐ動きを出来るほどの腕がない場合は使ってもいいかなという程度。しかしそれならもっと他のマネージャーを利用したほうがいい気がする。特に採用する理由は無い。

 

嵐山 美鈴:E (たんぽぽ製作所)

効果①:スタメン時に守備位置以外に就いている選手にサブポジを追加 敏捷に経験点ボーナス

効果②:クイックG 負け運 エラー

たんぽぽ製作所のマネージャー。

選手を選ぶ際に守備位置を気にしなくて良いというメリットがあるものの、そこまで勝ちやすくはならない。序盤での仲間収集の際は役に立つかもしれないが、後半になると初期メンバーに出来る人数も増えるので、守備位置をそこまで気にしなくても良くなる。

たんぽぽ製作所自体はそれなりに有用なチームなので、初期マネージャーとして選ぶのではなく、仲間に加えた際に利用するかを判断するほうがいい。

 

 

四条 澄香:F (あかつき大附属高校)

効果①:チャンスメーカー 逆境○ 粘り打ち

効果②:奪三振 打たれ強さA 対左打者A 技術に経験点ボーナス

あかつき大附属高校のマネージャー。

黒沢と同様に特殊能力を付与するだけのマネージャー。黒沢とは違い味方に青特殊能力を付与する。強力とは言いがたい能力ばかりで非常に弱い。

黒沢同様に技術を稼ぎたい場合には使ってもいいかもしれないが、他のマネージャーの方が有用と考えられる。

 

 

 

七瀬はるか:D (恋恋高校)

効果①:試合後にアイテムを追加で取得する 変化球に経験点ボーナス

効果②:パワーヒッター アベレージヒッター チャンスA

恋恋高校のマネージャー。

試合後にアイテムが貰えるというのは試合を進める上で有用なものの、非常に不安定な能力であるといえる。しかしアイテム次第では非常に有利に試合を進行できるのは大きな強み。

付与される特殊能力は強力極まりないものばかりであり、非常に恐ろしい。

しかし取得アイテムの不確実性と経験点ボーナスが野手には価値が無い変化球のみで、育成面で考えれば非常に分が悪い。

 

 

日和 ミヨ:E (神楽坂グループ)

効果①:敗戦時に再試合が出来る 精神に経験点ボーナス

効果②:初球○ 対左投手A ムード○

神楽坂グループのマネージャー。

敗戦時に再試合が可能なものの、育成には全くと言っていいほど影響が無い。

腕に自身のないプレイヤーには多少有用なものの、しぐれなどの相手のレベルを下げる能力には到底かなわない。

 

 

我間 摩夕:G 

効果①:相手のレベル上昇 おいいつけ成功で全経験点に大幅なボーナス

効果②:対ピンチA 打球反応○ 勝ち運

カレンと同様の方法で加入するマネージャー。

縛りプレイ以上の価値は無い。

おいいつけ自体が行動を縛る要因だが、それに相手のレベル上昇を加えられるという二重苦。経験点はヒットや打ち取りなどで得ることが可能だが、レベル上昇によりそれが難しくなっており、おいいつけに成功したとしても経験点を多く取得できるかどうかは不明。

「達人のお守りじゃ全然足りねーぜ!」という人は試してみては?僕はいやです。

 

 

以上です。

 

前作にいたマネージャーより今作追加されたマネージャーの方が明らかに有能になってたことに気付いて、書いてる間悲しくなった。

前回も書きましたが、あくまで独断と偏見で書いています。

僕は仲間が成長するのでずっと環ばっか使って、再現選手のためにカレンを使ってますね。あとエミリ。木場も一回使ってみましたが、使い勝手が良くなかったのでそれで終わった覚えがあります。

Sランク評価している雪華は初期マネージャーに選んだことないですね。まあ使ったことはあるんですが。

とりあえずマネージャーの評価はサラッと*2書けそうだったので書きました。チームについては・・・書けたら書こうかなぁ…。うん。

*1:オールG1で野球素人でももう少しマシな動きをするレベル。2,3メートル先の送球で90°くらい別の方向に投げたりする

*2:なお、全部で6000字近く2時間ほど費やした