パワプロのことを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのことを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】中山 孝一(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

引き続きリクエスト案件です。

 

 

f:id:halucrowd:20180908221102j:plain

ご尊顔

 

 

では能力。

 

f:id:halucrowd:20180908222340j:plain

f:id:halucrowd:20180908222351j:plain

f:id:halucrowd:20180908222354j:plain

 

中山 孝一

1970~1980年

ポジション:投手 投打:右投右打

経歴:千葉工商高校→サッポロビール南海ホークスヤクルトスワローズ阪神タイガース

ヤクルトスワローズでの一軍登板はなし

 

通算記録

152登板(内99先発) 683回1/3 3.54 勝率.446 33勝41敗 -H 0S

完投18 完封7 奪三振431(率5.68) 四球286 死球12 四死球率3.92 暴投24 被本塁打75(率0.988) 被安打620 失点305 自責点269 WHIP1.33

 

【キャリアハイ】1974年

28登板(内24先発) 154回1/3 3.04 勝率.471 8勝9敗 -H 0S

完投3 完封1 奪三振95(率5.54) 四球66 死球3 四死球率4.02 暴投7 

本塁打20(率1.166) 被安打117 失点59 自責点52 WHIP1.19

 

南海ホークスに所属していた速球投手、中山孝一です。

1969年のドラフトで5位指名を受けて入団。速球を期待されての指名だった。1年目から先発起用されるものの成績を残せずリリーフに回る。その後成長を遂げてローテーションの一角として活躍。

しかし1976年の活躍ののちに右肩を故障。1978年オフにヤクルトスワローズにトレード移籍をするものの右肩は戻らず、自由契約阪神に移籍。そのまま引退という流れになってしまった。

 

 

 

査定について

キャリアハイと思われる1974年と翌年の1975年を中心に査定しています。

基礎能力

速球が武器だったとのことで152km/hまで盛りました。

コントロール四死球率から。多少低めにしたところはあります。

スタミナは登板数からあまり投げているようではなかったので抑え目に。

 

変化球

2種類のナックル、スライダー、カーブがありましたが記事などを見る限りカーブしか見当たらなかったのでカーブを。2種類もナックルをつけるのは速球投手としては品がないと思ったので1種に統一して4に。カーブは緩いカーブということでスローカーブにして3に。

 

特殊能力

打たれ強さB:打たれても物怖じしないタイプだったらしいので

ケガしにくさF:実働年数が少なく、故障により引退まで至ってしまったため少しきびしめにつけました。

球持ち○:変則的なフォームでタイミングが取りづらかったのを再現するために。

リリース○:変則的なフォームだったため。

緩急○:カーブとの組み合わせが良かったとのことから。

四球四死球率より

軽い球一発をつけても良かったものの1975年の被本塁打率は0.715と回復していたため軽い球で対応した。

 

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20180908224303p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com