パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

赤特殊能力つきの投手が作れないことに対する対抗処置

クッソ長ったらしい名前のタイトルです。

正直書きたくなかったんですが、書いたほうがいい気がしてきたので仕方なく書きます。仕方なくね。正直書いちゃいけないものだと思うんだけど流石にどうしようもないくらいアレなので書きます。

で、あっさり書くのが憚られるのでとりあえずアホみたいに言い訳がましいこと書きまくってから対抗処置について書きます。まあオンストのやり方なんですが。PSvitaで使えるかは知らないのでそのあたりは各自で探ってください。

ちなみに後述する状態にまで赤特殊能力の仕様が変更されたらこの記事は削除しますのでそのつもりで。

【追記】この記事を残すのがあまりにも嫌になったので9/13までに記事を削除します。やっぱりこんな記事書いてはいけない。でも赤特の仕様がおかしすぎることだけは主張したかった。本当に酷すぎるよ

【追記2】あまりに酷いので復活させました。仕様変更まで置いておきます。

 

 

 

赤特殊能力手に入れる過程がおかしすぎる。

という話を延々と続けたのちオンストのやり方を書きます。出来れば全部読むという苦行を経たのちにやり方は見て欲しい。それくらいの覚悟を持って欲しい。

 

 

書く気がなかった

「オンスト」という文字をブログ内で使ったりはしているんですが、そのやり方については書く気は全くありませんでした。アクセス稼げることはわかってましたし、「オンスト」という文字を使っているからそれで流入してくる人がいることは知っていたんですが、書く気はサラサラありませんでした。

というのも、これはハッキリ言ってしまえば「ズル」であり、KONAMIというゲームメーカーが想定しない、遊んで欲しくないやり方なので一応ファンサイトであるこのブログでは書く気がなかったというか「絶対に書かないぞ」という気持ちがあった。

 

まあアクセス数は気にはしているんですが、アクセス乞食にはなりたくないというかオンストのやり方とかいうガチのクソ記事書いてアクセス伸びたところで面白くもなんともないので。
正直な話「書きたくなかった」案件です。ここで言い訳がましく書いているのは自分に対する罰みたいなもんでもある。無駄な苦労をするべきだと思っているから言い訳を書いている。

 

現行の赤特殊能力の仕様

とりあえず現行の赤特殊能力の仕様について語ります。

まず、赤特殊能力を得るには一部シナリオを除けばパワマップで尾梅小雪に会う必要があります。*1この確率がだいたい15%~30%ほどです。(と書いているが、実際には20%が妥当な数字だと思う)

1冊1000~2900円ほどで購入することが出来、投手の場合は投手の、野手の場合は野手の、二刀流である南国リゾートでは両方の赤特殊能力の本を購入することが出来ます。

ただし購入できるのは野手13種類、投手16種類の内6種類でランダムに選出されます。無論南国リゾートの場合は両方から選出されるので29種類のうちからランダムに選出されることになります。

チャンスやピンチなどのランク制の特殊能力は1冊では1ランクしか下がらないためGまで下げるには3冊以上購入する必要があり、イベントなどで上がった場合は更に1冊余分に購入する必要がありました。

なお、お金が惜しくて何も買わずに出て行った場合は行動力が-50されるという仕様です。

 

現行でもどう考えても異常なんですが、以前はこの10倍の価格で1冊しか購入できなかったとかいうマジのクソだったのでこれでも改善はされました。・・・さすがにおかしい。

 

 

絶対に作成できない確率について

こちらでも語ったんですが、再度確率について考えてみます。

今作では野手の赤特殊能力である送球やケガしにくさなどを投手につけたい場合は南国リゾート学園で作る他ありません。ケガしにくさについてはパワフェスで代用できますが。

では、今回「送球E」の投手を作成する場合に作成できる可能性を考えていきます。

まず1ターンで小雪が出てくる確率を高めに見積もって30%とします。

次に小雪のイベントで「送球×の本」が出てくる確率は全29種類から6つ選出される内に「送球×の本」が入っている確率で6/29です。

つまり1ターンで「送球×の本」が手に入る確率は18/290=9/145です。

なお、南国リゾートで小雪のイベントを起こせるターン数は62ターンです。つまり27/29を62ターンずっと引き続ける確率が「絶対に作れない確率」になります。

計算するとだいたい1.88%ほどです。「なんだ少ないじゃん」と思うかもしれませんがよく考えて見ましょう。

 

・まずこの計算は小雪が出てくる確率を高く見積もっている。(20%換算だと7%まで広がる)
・あくまでこれは1つの赤特殊能力が出ない確率であり、複数個になるとこの数字は悪化する。
・62ターン全てで計算したものの咲須かのんや蒔田などのイレギュラーにより行動力が確保できなかった場合はその分損失が出てくる。
・そもそもこれは「絶対に作れない」パターンの確率であり、この確率を逃れたとしても他のイベントの関係などで制作が出来ない可能性が生まれてくる。そもそも23/29の確率で外すので当たらなかった場合、そのターン数損をすることになり育成がやりにくくなる。

 

作る選手のレベルにも寄りますが、赤特殊能力が多くなりそうな野茂とかを作ろうとすると普通に何度もチャレンジするハメになります。そうじゃなくても普通のドラフト候補や2軍レベルの選手を作る場合ですら困難になります。というかなっています。

ちなみに僕は20%くらいだと思っているので「どんなにイベントが上手く来たところで作れない確率が7%」だと思っています。これはいいんですか?ちなみにこれは「1時間をドブに捨てる確率が7%」ということと同義です。これに意味はありますか?

 

そもそもこの赤特殊能力のイベントはプレイヤーの自己満足を満たすだけのもので育成にとっては正直邪魔でしかないイベントなんですが、それに対するコストが高すぎます。20%ほどの運ゲーののち20%ほどの運ゲーを更に科せられて育成には関係ない上にお金を払わないと育成に重大なダメージを与えるイベントです。しかも万一買わなかったら「普通の人ならいらないよな」とかいう明らかに赤特殊能力を求めるユーザーを馬鹿にするような文面が見受けられます。まあそれはいいとして

普通のやつならいらないものなら簡単に引き渡せ

ってなる。マジで馬鹿にしてる。そんなもんならさっさと引き渡せよ。

ちなみに「別にあとでえっかー」ということで後回しにすれば「絶対に作れない確率」は更に跳ね上がります。アホか?

 

僕の場合はオンストで6ターンほどをタイムリープして引き当てる作業をしているんですが、30分出ないとかザラです。ちなみに6ターンするのに2分弱でオンストの作業に1分ちょいほどかかって多分合計3分ほどなんですけど計算すると

60ターンほど出ないのがザラ

という状態です。ちなみに複数個の場合はより苦労しています。人生をそれだけ無駄にしているといっていいでしょう。

「じゃあやらなきゃいいじゃん」とかいう言葉が聞こえてきます(幻聴)が、そもそもこんな仕様にしないで任意のものを複数個安価で購入できるようにしておけばいいんですよ。普通の人なら買わない代物なんですから。寄越せ。人生を無駄にさせるな。

 

これはどういう意味か

上述のように60ターン出ないのがザラです。ズルをしても場合によっては30分ほど費やすハメになります。これはどういう意味か。

つまりこれはKONAMI社から「好きな選手を作りたかったらオンストしてね」と言われていると受け取っていいでしょう。そうとしか考えられない。

「オンストという方法があるから作りたい選手があるならその方法を使ってね」という言葉と同義でしょう。だって7%ほどの確率で確実に1時間をドブに捨てさせるんですよ。これは30分苦労するのとそこまで変わんないですよ。精神的苦痛としては。

「公式の査定では投手にケガしにくさとか送球とか足の速い選手に至っては盗塁の赤特殊能力つけとくけど君たちには7%の確率で1時間をドブに捨てさせるよ」とかいうことを思うクソみたいな人間がいるわけないじゃないですか。そんな人間いたらさっさとゲーム作りやめた方が世界のためですよ。

僕は一応KONAMI信者のつもりではいるので、そんな他人の人生を弄ぶゴミみたいな社員がKONAMIという企業には絶対にいないと確信を持っているので「オンストをしろ」という意味と受け取りました。「オンストをしたら時間はかかるけど好きな選手を作れるから頑張れ」という意味で受け取りました。

 

というわけで天下のKONAMI様の(見えない)意向を確かに受け取ったのでその名の下にオンストのやり方を書きます。

 

KONAMI社の方が見ていて「やめろ!」と思うなら任意のものを自由に取れるようにしてください。別に小雪のイベントで詰め込む必要はなくて1冊3000円でショップに全種類置いておけばいいですよ。小雪のイベントに微妙に意味が出てくるからそっちでもいいですよ。

僕はしかと「オンストをして作れ」という意思を受け取ったのでそういう意思じゃないことをハッキリと示していただきたい。

 

 

オンラインストレージを使ったズルのやり方

 

警告 これをやるとサクセスがクソつまんなくなります。やる場合は各自の自己責任で。

 

俗に「オンスト」と言われているやり方について書きます。ちなみにUSBメモリで代用可能です。というかUSBメモリ2つ以上もしくはPSplus加入で使えるオンラインストレージと併用するのが一番です。

以下書いている内容以上のことを説明するつもりはないので質問は一切受け付けない。自分で考えて自分で感じてください。

 

保存のやり方

 

1.サクセスを始めて任意の場所でセーブして終了をする。

2.PS4の「設定」にある「アプリケーションセーブデータ管理」を選択

3.USBメモリに「システムデータ」と当該サクセスのセーブデータを同時に保存。

 

本体へのコピーのやり方

1.上記同様に「設定」の「アプリケーションセーブデータ管理」を選択

2.保存場所から「システムデータ*2」と当該サクセスのセーブデータを同時に本体ストレージにデータをコピーする。

 

サクセスのデータはシステムデータと紐付けられており、システムデータとサクセスのデータを同時に保存していない場合は「管理情報に不都合が検出されましたので続きから再開できません」と表示されてデータが消去されます。

かならず同時に保存し、同時に保存したデータを呼び起こしましょう。やっていない場合は失敗します。

 

なお、システムデータにはパワポイントや各種アイテム、そしておそらくですがパワフェスの選手のレベルも保存されています。*3

なので以前に保存したデータを本体へコピーする場合は事前にシステムデータを別の場所に保存しておきましょう。

 

 

以上、ズルのやり方でした。このやり方で僕は選手を作っています。誰でも出来ることだと思うのでお好きに試してください。

 

上記に書きましたが、この記事は赤特殊能力のイベントが任意に複数個1冊3000円以下で購入できるようになったら消します。こんなクソ記事さっさと消したいのでKONAMIさんお願いしますよ。(もう既にお問い合わせで「修正してくれ」って送ったのでもう出さないし出す気がない)

*1:厳密に言えばパワマップの「商店街」のイベントの話。南国リゾート編ではショッピングモールなどのイベントがあるもののそれは除く

*2:ただし保存してから一度もセーブしていない場合(失敗して再度同じところからやり直す場合)はシステムデータは必要ない

*3:パワフェスのデータでは獲得した選手のレベルと進行状態が保存されていると思われる。システムデータのみを元に戻したときにレベルが戻った経験がある