パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

沢村栄治を作ったあとの所感

沢村栄治を作ったあとの所感です。

大体五竜郭高校への愚痴だったりするので嫌な人はスルー推奨。

 

 

五竜郭高校で作ろうとした経緯

いくつか理由があって、160km/h後半の選手を作成する予定が2件ほどあるんですが、五竜郭だとそれが楽そうと感じたので、それが出来るかどうかを判定するってのが一つ。

あと、五竜郭高校で投手を殆ど作っていないのでどの程度作れるのか調べるという目的が一つ。また、高コストの特殊能力がそれなりにあるのでその軽減のために利用した。

なので今回は投手に向いている南国リゾートを避けて五竜郭高校で作成することにした。

結果から言えば失敗だった。

 

作成手順

五竜郭高校の育成のやり方①(攻略)
五竜郭高校の育成のやり方②(攻略)
五竜郭高校の育成のやり方③(攻略)

こちらに書いた手順で行った。本当にこれの手順で行った。

初期は監督と若菜を狙い、一刀のレベルを上げて商店街を巡り、犬からアイテムを貰い(幸運にもゴールドカードはこちらで入手)、小野分が来たら小野分を練習で追い、継承選手も追い、パワマップではいちごを追い(かなり早い段階で出したので夏にはフォームチェックイベントを走れた)、オリジナル変化球のために双三のおっさんも追い、出井田とパワスピをして、監督から金特の本を貰って…という感じの手順で行った。

ただし一つ問題というか不都合があって、小野分のポジションチェンジイベントを逃したので小野分のレベル上げに非常に苦戦した。というか最終的にレベル8にしかならなかった。

これが最適解だと信じているのだが、サクセススレで「175km/hもいける*1」とか書いてたので違う手順なのかサクセススレで適当こいたやつがいるのか知らないが、もう一度考え直す必要があるかもしれない。やらないけど。

 

失敗の理由

上述した小野分も失敗の一つなのだが、それ以前に失敗する要因が多すぎた。

 

経験点の問題

まず、球速が161km/hもある沢村を必要経験点が1.5倍になる五竜郭高校で作成すること自体が失敗。というのも、みなさんご存知のように球速は1上げるのに非常に経験点を必要とする。

ちなみに筋力は154km/hからは五竜郭では球速成長ボールなどを使用して必要経験点を最大限減らしたとしても筋力が81必要となるちなみに南国リゾートなどは53である。無論、南国リゾートとは育成期間が大きく違うものの、この1.5倍の差は非常に大きい。

また、変化球の経験点も非常に困難を極めた。概算だが1200は必要になった。センスが100になってから変化球を上げたのでこれはコツを入手しない限り最低必要なラインと言っていいだろう。(コツを入手したとしても1000以上必要なことに変わりはないが)

特殊能力もコツでかなり軽減したものの、一部のコツを取らずに進めていた(球速安定緩急○など)のも大きかった。取っていればかなりの軽減になっただろう。

無論、五竜郭高校は非常に多い必要経験点を長い期間を使って稼ぐのだが、投手の場合は野手と違って1上げるための経験点が非常に多いため、成長アイテムの恩恵をあまり受けることが出来ないという困難さがある。

 

投手に不利すぎるシステム

五竜郭高校だが、この高校は根本的に投手を作成することに非常に向いていない。テストプレイをすればわかるはずなのだが、というか分かって欲しいし「これアカンわ」となってアップデートである程度改善をして欲しいくらいなのだが、やってくれる気配はない。というかやらんでしょ。

 

練習試合

Twitterの方でボロカスに言ったんですが、五竜郭高校には1年の8月から練習試合があります。そもそもこの段階で監督の評価を0から80に上げることが非常に面倒というかキツイんですが、それはここでは置いておきます。

この練習試合の相手は「太平楽高校」「文武高校」「ときめき青春高校」の3択です。2年の5月から面子が変わったと思いますが根本的な問題は変わらないので無視します。

え~、なんでかわかりませんが、1年の8月とかいう確実に選手が育成されていないというかセンスシステムのこともあって育成できない状況下で相手がデフォの状態で出てきます。こっちの味方の能力がCが最高、Bがあっても打撃能力じゃなかったり、打撃能力でもミート・パワーのどちらかで総合的に見ればショボイ状態のときにデフォ、つまりCとかBがボロボロある状態で出てきます。文武高校の武に関してはミート・パワーSです。

まあね、モブは弱いからええやんと思ったらときめき青春高校の固有キャラは9人中8人です。しかもこちらは打撃に関与することが出来ません。

勝てるわけないやん。

え~、センスシステムの影響もあってこの段階で育成したくない人が多い中、こんなクソ理不尽なシステム誰が喜ぶんですかね。というかこの段階で練習試合を入れる必要性がどこにあるんですかね。サクスペでも翌年の2月が最短だったはずですが。(このあたりならまだ育成がなされているので投打どちらも出来ないことはない)

無理矢理育成しても130km/h FE 総変化2とかが関の山でしょう。こんなんで勝てるか?無理無理。10回やったら8回は負けるわ。無理無理。

ちなみにこれ、勝つ必要性あるんですよね。一つは8月の段階で若菜の「アイテム調達」が発動していた場合はその恩恵をもらえるようにするため。二つ目は一刀、矢部くんの経験値を稼ぐため。彼らは野手なので経験値をここで稼ぐ必要があります。じゃなきとかなり厳しくなる。

こんな成長させられてないことが明白な時期にしかもクソしょうもない「練習試合」とか必要ないんですよね。必要か?いらないいらない。公式戦で甲子園にそのまま出られるならまだ意味はある気がしないでもないけど*2練習試合ですよ。いらんって。

ちなみにリリーフ登板なんかないので、本当にどうしようもないです。威圧感持ちの覆水くんに早く回ってくれることを祈るしかない。なお、2,3割くらいの確率で彼も炎上します。やってられない。

 

スキルシステム・センスシステム

センスシステムは上述しました。が、一つ付け加えておくと投手の場合は球速・変化球とセンスによる軽減量が非常に大きい(成長アイテムの軽減量が少ない)項目が2つもあるので、野手よりも余計に能力を上げ辛くなっています。不利どころの話じゃない。

次にスキルシステムですが、これがマジでどうしようもない。みなさんご存知のように野手は投手の練習に来ません。なので守備or精神練習に来ていたときに一緒に練習をしてキャラクターの経験値稼ぐ必要があります。ちなみにその分他の経験点を稼ぐことが出来ません。付け焼刃ほどの経験点ですがないよりはずっとマシ。

そして五竜郭高校では3年になるまで固有キャラクターは全員野手です。つまり育成に役立つスキルシステムを利用しようとした場合はそこまでない確率で守備or精神練習に来た野手と一緒に練習するかイベントを踏む必要があります。なお、矢部くんはイベントを踏むことが出来ないですし、小野分はイベントを踏むかどうかは完全にランダムです。

不利にもほどがある。

頼むからサクスペorアプリを見習ってくれ。固有キャラは投手練習にも来るから。タッグ練習出来なくていいから来いよ。リカバリーできないじゃん。

ちなみに小野分は色々頑張ってリカバリーできませんでした。無理。

 

 

というわけで、五竜郭高校で投手を作るのは非常に辛いです。野手と大きく違って気を遣う面が多すぎるし、そもそも経験点周りがかなりキツイです。175km/hとか物理的にかなり厳しいんじゃないでしょうか。正直無理だと思ってる。検証しなくていいですよ。しんどいだけですから。出来たとしても他の能力までほとんど回らないんじゃないかな。どうなんだろうか。

 

以上、所感でした。

*1:ちなみに175km/hまで上げようと思ったら筋力だけで最小3092必要となる。これはいちごのフォームチェックなどで球速を145km/hに上げた状態から球速成長ボールなどを揃えて175km/hになるのに必要な筋力経験点である。いちご60回分。無理じゃね?

*2:と言ってもストレス要素には変わらないし、そもそもロマン的な意味合いしかない