パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】真田 重蔵(投手)①【パワナンバー・画像ファイル】

 

歴代ベストナインの続きです。本来なら中尾碩志選手を先に作る予定でしたが、赤特殊能力を取得するのが非常に困難なので後回しにします。

というわけで今回は真田重蔵選手です。

 

f:id:halucrowd:20180930234801j:plain

ご尊顔

 

 

では能力。

 

f:id:halucrowd:20180930235016j:plain

f:id:halucrowd:20180930235018j:plain

f:id:halucrowd:20180930235022j:plain

 

真田 重蔵(1948~1953年の登録名は「真田 重男」)

1943~1955年

ポジション:投手  投打:右投右打

経歴:旧制和歌山県立海草中学校→朝日軍&パシフィック&太陽ロビンス大陽ロビンス*1松竹ロビンス大阪タイガース

 

【投手通算記録

416登板(内296先発) 2717回0/3 2.83 勝率.582 178勝128敗 

完投211 完封39 奪三振1083(率3.59) 四球869 死球29 四死球率2.97 暴投23 被本塁打130(率0.431) 被安打2371 失点1036 自責点854 WHIP1.19

 

【投手キャリアハイ】1950年*2

61登板(内36先発) 395回2/3 3.05 勝率.765 39勝12敗 

完投28 完封5 奪三振191(率4.34) 四球81 死球3 四死球率1.91 暴投3 被本塁打39(率0.887) 被安打340 失点151 自責点134 WHIP1.06

 

【野手通算記録

667試合 .255(1386打数353安打)  51二塁打 14三塁打 12本塁打 182打点

154得点 15盗塁(.882) 
138三振 105四球 3死球 16犠打 6犠飛※ 17併殺※ 出塁率.309 

長打率.338 OPS.646

 

「懸河のドロップ」の使い手、真田重蔵選手です。

1943年に朝日軍に入団。入団1年目にして13勝、防御率1.98という好成績を挙げデビュー。しかし、日本大学大阪専門学校(現在の近畿大学)にも学籍を置いていたために学徒出陣によって海軍に入隊。戦前のシーズンを棒に振ることになる。

1946年にパシフィックに入団して野球界に復帰。持ち前の剛速球と鋭い「懸河のドロップ」と呼ばれる変化球を武器に3年連続で20勝を挙げ、1948年9月6日には1リーグ時代最後のノーヒットノーランを達成。1失策により完全試合を逃したものの史上初の無四球ノーヒットノーランであった。

1950年には歴代でも最強レベルの打線「水爆打線」の後押しもあり39勝を挙げて沢村賞ベストナインを獲得。しかし日本一になることは叶わなかった。翌年はそれまでの酷使により肘を痛め成績が低迷*3。オフに大阪タイガースに移籍。

移籍後は復活し、16勝を挙げ防御率1.97と好成績を挙げる。しかし翌年からは徐々に登板が減り、晩年は野手としても出場した。

1956年オフに発生した藤村排斥事件で排斥派の1人となり、球団側から契約更改を行わないとしてそのまま引退に至った。甲子園・プロ野球の両方で選手として優勝を経験した投手としては最多の通算178勝を挙げた選手でもある。

引退後は評論家や開設者を務め、1958年からは明星高校の監督として指揮を執り1963年の夏の甲子園を優勝で飾った。甲子園優勝投手が甲子園優勝監督となった第一号でもある。

1964年には東京オリオンズの一軍投手コーチに就任し、翌年退任。以降阪急ブレーブスの一軍投手コーチとして4度のリーグ優勝に貢献。1978年から四年間は近鉄バファローズの一軍投手コーチを務めて2連覇にも貢献した。1990年に野球殿堂入り。

晩年はボーイズリーグチームの監督を務めて、弱小チームを全国大会出場にも導いた問答無用の名将であった。

1994年5月30日死去。享年71歳。

 

 

 

査定について

 

1948年と1952年を中心に査定しています。

基礎能力

球速は不明だったため例によって様々なサイトの記述からそれっぽい数字を捏造した。

コントロールはそのあたりの投手成績などから概算。

スタミナは恐ろしいまでのフル回転だったのでガン盛りで。

 

変化球

おさーるDATA BOXさんより。シュートを入れるか迷ったんですが、実質1方向は味気ないので無理矢理入れました。

 

特殊能力

ノビB:重さよりもノビが良かったと判断。

回復A:61登板36先発395 2/3回の出場より。

球持ち○ノーヒットノーランを達成している箔。

球速安定:球速への補正。

キレ○:懸河のドロップより。

勝ち運セリーグのシーズン勝利記録に対する箔。

 

野手能力

1950年あたりの記録から概算。投手であるために少し控えめに査定しました。

打てる打者ではあったものの、投手として登板していたこともあってかラビット全盛時代の1950年の本塁打数は多くないためパワーは一応控えめにしました。

走力は比較的高めに。通算の盗塁成功率はとても素晴らしいですが、そもそも企図数が少ないため盗塁Cで抑えました。慎重盗塁もつけて盗塁は抑えています。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20181001003202p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com

*1:前述の「太陽ロビンス」は太いという字が使われている。これは「野球は点を取らないといけない」「太った選手はNG」という考えから来るもの

*2:防御率で考えれば1952年が一番だが、この年のMVP有力候補であり、現在のセリーグ記録である39勝を成し遂げたことからこちらを採用する。

*3:7勝6敗防御率5.31