パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【架空選手・パワプロ2018】鹿目 武利(三塁手)【パワナンバー・画像ファイル】

昨日に引き続きオリジナル選手です。

 

では能力

f:id:halucrowd:20181215023323j:plain

f:id:halucrowd:20181215023325j:plain

鹿目 武利(かなめ たけとし)

ポジション:三塁手 一塁手 投打:右投右打

経歴:横浜第四高校→大日本大学→横浜DeNAベイスターズ

 

※この選手はフィクションです。このページに登場する個人・団体・事件は実際のものとは一切無関係です。

 

通算記録

370試合 .257(545打数140安打)  24二塁打 1三塁打 11本塁打 45打点 53得点 1盗塁(.500)  

116三振 58四球 0死球 10犠打 5犠飛 3併殺 出塁率.328 長打率.365 OPS.691

 

【昨シーズン】

124試合 .279(197打数55安打)  9二塁打 0三塁打 4本塁打 17打点 23得点 0盗塁(.---)  

37三振 24四球 0死球 3犠打 2併殺 出塁率.356 長打率.386 OPS.742

 

横浜DeNAベイスターズに所属している鹿目武利選手です。実弟阪神タイガースに所属している鹿目清孝。

日本大学から強打の三塁手としてドラフト3位で入団。初年度から出場するもその強打はなりを潜め3年目に覚醒の兆し(112打数で.259 3本)が見えたかのように思えたものの、4年目ではブレーキがかかり(.240 3本)今後の動向が危ぶまれていたものの今季は本塁打4本ながらも.279と十分に見れる打率に成長した。

しかし打率ほどの結果は出せておらず、ここぞというときには打てていない。特に今季の得点圏打率は.136と散々。精神面が弱いのかチャンスには非常に弱く通算でも.167(114打数19安打)と通算打率から大きく離れた数字を出している。

そろそろ最盛期と言われる時期に差し掛かる選手ではあるが、このまま着実の伸ばしその強打を見せ付けるときがくるのか。6年目のシーズンに期待がかかる。

 

 

能力について

「見た目強そうだけどここぞというときに打てない選手はどうだろう」と考えた結果の選手です。まあ出来るのがチャンスGチャンスメーカー、あとダメ押しくらいしかなかったので「なんかピリっとしない選手」に方向転換して製作しました。そこまでいい出来ではないと思う。

 

成績について

実際にDeNAに入れてペナントを2回回して悪い成績を4年目、いい成績を5年目にして1~3年目は適当に数字を入れました。なので1~5年目の成績設定がしっかりと成されているオリジナル選手です。

成績も記録されている選手の方が記事として面白いだろうという判断です。まあ参考程度にこんな記録が出ます。ただし成長なしでやったのでもう少しいい成績が出るかもしれませんが。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20181215025533p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com