パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】江藤 正(投手)①【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの続きです。

今回は江藤正。

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20190308201822j:plain

f:id:halucrowd:20190308201824j:plain

f:id:halucrowd:20190308201826j:plain

江藤 正

1949~1955年

ポジション:投手 投打:右投右打

経歴:旧制八幡中学→旧制法政大学→門司鉄道局→大洋漁業大阪タイガース南海ホークス高橋ユニオンズ東映フライヤーズ

 

通算記録

155登板(内90先発) 787回1/3 3.12 勝率.595 50勝34敗 

完投38 完封4 奪三振276(率3.15) 四球186 死球4 四死球率2.17 暴投0 被本塁打49(率0.560) 被安打754 失点326 自責点273 WHIP1.19

 

【キャリアハイ】1951年

45登板(内24先発) 268回2/3 2.28 勝率.828 24勝5敗 

完投17 完封1 奪三振100(率3.35) 四球47 死球2 四死球率1.64 暴投0 

本塁打16(率0.536) 被安打227 失点81 自責点68 WHIP1.02

 

 

黎明期の南海ホークスのエース、江藤正選手です。

1949年に社会人野球を経て南海ホークスに入団。しかし入団時に大阪タイガース南海ホークスの争奪戦によるイザコザ*1により入団初年度は出場停止処分を課されることに。

翌1950年には二番手投手として活躍。14勝を挙げて南海の2位に貢献した。

1951年には24勝で最多勝を獲得。ベストナインも獲得するなど南海のエースとして華々しい活躍を魅せて南海の優勝に大きく貢献した。

しかしこの二年の酷使が祟ったのか翌1952年も11勝を挙げるものの登板が少なくなり、1953年には僅か9登板にまで減少する。1954年には高橋ユニオンズに移籍するも防御率5.49と散々で1勝8敗とかつての活躍からかけ離れたものだった。1955年に東映フライヤーズに移籍するも1登板にとどまり現役を引退。短い選手生命だった。

引退後は電電公社に入社し、コーチを務めるなどした。

2016年2月21日に老衰のため死去。享年93歳

 

 

 

査定について

今回は1951年を中心に査定しています。

基礎能力

球速は不明。それなりの速球投手だということでそこそこ程度に。

コントロール死球が少ないことなどを踏まえて高めに。

スタミナは全体の投球回が当時のエース級としては少し物足りないので(と言っても凄いのだが)Aに。これは柚木進とダブルエース状態だったというのも大きい。

変化球

知恵袋に散見される新聞の切り抜き?を参考にしてカーブとシュートを採用。

おさーるDATA BOXさんもカーブと書いていたのでカーブ6、シュート4の総変化10。

特殊能力

対ピンチE:「気が弱い」ということと完投に比べて完封試合が少ないので。特にラビットボールが終わってエース級で完封1は物足りなさ過ぎる。

打たれ強さC:完投試合を多くするために。ただし「気が弱い」という性質を出すためにCに抑えた。

ノビB:ストレートが「剛球」であり威力があっただろうことから。

リリース○:「こだわりのない等速運動を繰り返すフォーム」だったことから。

軽い球:球質が打者にとって良いものだったということから。

勝ち運防御率と勝率の割合が若干勝率が高いかと思い。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190308201856p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com

*1:以前に他の選手を巡っての争奪戦時、タイガース監督である若林忠志がホークス監督である山本一人に抗議したところ「江藤は大阪でいいよ」と口にしたことが原因。これを口実としてタイガース側が江藤と契約を結んだことにより二重契約となってしまった。コミッショナーの処分により形式的にタイガースに入団して即トレードするという形になった。