パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】鶴岡 一人(三塁手)①【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの公開です。

今回は鶴岡一人

 

f:id:halucrowd:20190308161754j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190308203041j:plain

f:id:halucrowd:20190308203044j:plain

鶴岡 一人*1

1939~1952年

ポジション:三塁手 二塁手 一塁手 (外野手) 投打:右投右打

経歴:旧制広島商業学校→旧制法政大学→南海軍グレートリング南海ホークス

 

通算記録

754試合 .295(2681打数790安打)  145二塁打 30三塁打 61本塁打 467打点 433得点 143盗塁(.817) 

146三振 409四球 10死球 5犠打 1犠飛※ 20併殺※ 出塁率.390 長打率.439 OPS.829

 

【キャリアハイ】1946年

104試合 .314(388打数122安打)  23二塁打 8三塁打 4本塁打 95打点 75得点 32盗塁(.800) 

13三振 71四球 1死球 1犠打 -犠飛 -併殺 出塁率.422 長打率.446 OPS.868

 

通算記録犠飛および併殺は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

  

 

「初代ミスターホークス」で通算最多勝監督である鶴岡一人選手です。現役時は「山本一人」としてプレイ。

法政大学時代には「東京六大学史上最高」とも呼ばれた華麗な三塁守備と打撃で主将として活躍。1939年に南海軍に入団。当時の職業野球は色物として見られていたこともあって法政大学野球部OB会から猛反対を食らったものの、当時の政情悪化から「徴兵まで好きな野球をやりたい」という気持ちを強くして入団を決意。

その統率力の高さから入団してすぐに主将に抜擢。ルーキーながら10本塁打*2を放ち本塁打王を獲得するなど活躍した。しかし翌1940年に応召し5年間従軍した。

プロ野球が再開した1946年に復員し、29歳ながら監督に就任。戦後の混乱で所属選手のために食糧の調達や住居の確保など監督業を逸脱した範囲まで世話を焼き選手から慕われた。

監督初年度はタイガースのダイナマイト打線に対抗して俊足選手を集めた機動力野球で戦後初優勝に導き最年少優勝監督、打点王、MVPも獲得している。2年後の1948年も優勝を飾りMVPを獲得、1949年にも同様に優勝&MVPを獲得し「優勝監督でMVP」を史上最多の3度記録している。*3

1952年もリーグ優勝を果たすなど監督として華々しい栄誉を飾った。しかし監督業に専念するためにこの年をもって現役を引退した。

 

査定について

キャリアハイである1946年、1950年を中心に査定。なお三塁手が中心の起用だったので二塁手でのベストナイン獲得者ですが三塁手として扱ってます。

基礎能力

弾道は戦前に本塁打王を獲得し、1950年に17本打っていることから3に。

ミート・パワーは打撃成績から。

走力は三塁打や盗塁企図数よりそこそこ高めに。

肩力はそこそこ程度に

守備は華麗な守備であったらしいので高めに。

捕球も同様に守備で魅せた選手でもあるのでそこそこ高めに。

特殊能力

チャンスB打点王獲得や打点が全体的に高いこと4番中心の起用であったことから。

粘り打ち:1946年の三振率.034

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190308203122p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:1944年に婿養子となり「山本」姓に。以後現役引退後も名乗っていたが個人的に鶴岡姓の方がしっくり来るので鶴岡姓で公開した

*2:これは戦前最多シーズン本塁打である

*3:若林忠志が2度、野村克也が1度経験している