パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】鶴岡 一人(三塁手)②【パワナンバー・画像ファイル】

朝の続きです。

今回はドラフト用

 

f:id:halucrowd:20190308203206j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190308203229j:plain

f:id:halucrowd:20190308203233j:plain

鶴岡 一人*1

1939~1952年

ポジション:三塁手 二塁手 一塁手 (外野手) 投打:右投右打

経歴:旧制広島商業学校→旧制法政大学→南海軍グレートリング南海ホークス

 

通算記録

754試合 .295(2681打数790安打)  145二塁打 30三塁打 61本塁打 467打点 433得点 143盗塁(.817) 

146三振 409四球 10死球 5犠打 1犠飛※ 20併殺※ 出塁率.390 長打率.439 OPS.829

 

【キャリアハイ】1946年

104試合 .314(388打数122安打)  23二塁打 8三塁打 4本塁打 95打点 75得点 32盗塁(.800) 

13三振 71四球 1死球 1犠打 -犠飛 -併殺 出塁率.422 長打率.446 OPS.868

 

通算記録犠飛および併殺は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

  

 

「初代ミスターホークス」で通算最多勝監督である鶴岡一人選手です。現役時は「山本一人」としてプレイ。

現役引退後は監督に専念。1968年までの兼任監督を含めて23年間指揮官として務め上げて優勝11回、日本一2回*2を経験するなど南海ホークスの黄金期を支え続けた。勝利数は史上最多の1773勝で同一球団の監督として指揮を執った期間はプロ野球史上最長で最高勝率.609も有しているなどプロ野球史上でも最高レベルの監督。

野村克也の発掘や飯田徳治の育成、杉浦忠ら有望な選手の獲得など中軸を担う選手を確保することでこれら黄金期を作り上げ、他にも元新聞記者をプロ野球史上初の専属スコアラーとして採用して世界初のデータ野球の導入、ブロックサインの発明、初の常駐スカウトの採用など監督として日本野球界に多大な影響を与えた。

1965年に監督を勇退しようとするものの後任の蔭山和夫が急逝したため3年の契約延長を経て1968年シーズンをもって引退。後任を飯田徳治に譲った。

その後は野球解説者・評論家を務め、巨人の川上哲治と共に「球界の首領」として存在感を示した。

2000年3月7日に心不全のため死去、享年83歳。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190308205455p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:1944年に婿養子となり「山本」姓に。以後現役引退後も名乗っていたが個人的に鶴岡姓の方がしっくり来るので鶴岡姓で公開した

*2:なお、日本一を逃した際は全て巨人に日本一の座を譲っている