パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】与那嶺 要(外野手)①【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの公開です。

今回は与那嶺要

 

f:id:halucrowd:20190519213555j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190524231501j:plain

f:id:halucrowd:20190524231503j:plain

与那嶺 要(ウォレス・カナメ・ヨナミネ)

1951~1962年

ポジション:外野手 投打:左投左打

経歴:ラハイナルナ高校→フェリントン高校→ハワイ朝日→読売ジャイアンツ中日ドラゴンズ

 

通算記録

1219試合 .311(4298打数1337安打)  238二塁打 45三塁打 82本塁打 482打点 707得点 163盗塁(.738) 

553三振 522四球 20死球 79犠打 21犠飛※ 68併殺 出塁率.387 長打率.445 OPS.831

 

【キャリアハイ】1954年

125試合 .361(477打数172安打)  40二塁打 6三塁打 10本塁打 69打点 93得点 20盗塁(.690) 

56三振 69四球 2死球 10犠打 3犠飛 5併殺 出塁率.441 長打率.532 OPS.974

 

通算記録犠飛は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

 

ウォーリー与那嶺」で親しまれた戦後初の外国人選手、与那嶺要選手です。

ハワイ出身の日系アメリカ人でアメリカではアメフト選手をしていたものの度重なる怪我で断念、1950年には野球に転向。1951年に読売ジャイアンツのスカウトを受けてシーズン途中に入団。戦後初の外国人選手*1となった。

初年度から打率.354(規定未到達)を記録し、その後もその打撃と俊足を生かして安打を量産し7年連続で3割を記録し続けた。1956年には球団史上初の開幕戦初回先頭打者本塁打*2を記録するなど打棒にすぐれた。

1957年には3回目となる首位打者を獲得し、MVPにまで選出されるものの翌1958年から成績を落として3割を切るもの打率はリーグ3位に入る活躍を見せていた。しかし1960年に大きく成績を落として同年オフに自由契約中日ドラゴンズに移籍するもののカムバックとはいかなかった。

引退後は1988年までコーチや監督を歴任。1974年には中日ドラゴンズの監督として川上哲治率いる読売ジャイアンツを破って優勝に導き、V10を阻止した。その後は祖国アメリカに帰国。1994年には野球殿堂入りを果たした。

2011年2月28日に前立腺がんのため死去。享年85歳。

 

 

査定について

キャリアハイである1954年を中心に査定。

基礎能力

弾道は本塁打数から2

ミートは好成績を残しているので大きくS93

パワーはラビットボール時代に打ってないですが2桁打っているのでこのあたりで。

足で魅せた選手なので走力は高めに。

肩力は唯一の弱点とまで言われていたらしいので大幅に減らしました。

守備は全体的にいいところに。走力があるので守備範囲はかなり広いと思います。

特殊能力

走塁A:野球界に走塁技術を持ち込んだ功績から。

ホーム突入:クロスプレーを持ち込んだため。体当たりを返してください。

プレッシャーラン:基本的に入れない主義なんですが、入れないと与那嶺じゃなくなるので断腸の思いで入れました。ゲッツー崩しをかえしてください。

エラー:失策数が結構多いため。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190524231702p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:ただし外国人枠が設置されたのは翌1952年からでそれまでに入団を済ませていた与那嶺は枠の対象外

*2:巨人では2003年に清水隆行、2007年に高橋由伸が記録している