パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】岡本 伊三美(二塁手)②【パワナンバー・画像ファイル】

 

朝の続きです。

今回はドラフト用。

 

f:id:halucrowd:20190603010242j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190603010305j:plain

f:id:halucrowd:20190603010307j:plain

岡本 伊三美

1949~1963年

ポジション:二塁手 外野手 (三塁手 遊撃手) 投打:右投右打

経歴:洛陽高校→南海ホークス

※1951年には社会人野球である南海土建*1に出向と言う形でプレー。

 

通算記録

1289試合 .257(3961打数1018安打)  194二塁打 19三塁打 125本塁打 513打点 536得点 182盗塁(.711) 

496三振 356四球 18死球 103犠打 20犠飛※ 84併殺 出塁率.321 長打率.410 OPS.731

 

【キャリアハイ】1953年

116試合 .318(450打数143安打)  26二塁打 19三塁打 19本塁打 77打点 71得点 30盗塁(.652) 

45三振 34四球 5死球 12犠打 -犠飛 8併殺 出塁率.372 長打率.502 OPS.874

 

通算記録犠飛は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

  

「百万ドルの内野陣」の一角を担った岡本伊三美選手です。

走攻守の三拍子を揃えた選手であり、ラビットボール時代を過ぎても20本近く放てる長打力に30盗塁が出来る足。横に広い守備範囲を有し、名前の伊三美をもじって「岡本のハサミ取り」と称され「百万ドルの内野陣」の一角を担った南海黄金期の1人。

1953年には首位打者を獲得するなど確実性もあったが、翌年からは3割に及ばない成績となり三振も増加しており、長打を求めて苦心した選手でもあったか。

 

能力について

上述のように1954年~1955年は三振率が増加しているため三振をつけました。他は特徴を押さえた上で弱体化しています。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190603010325p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:南海ホークス傘下のチーム