パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】渡辺 博之(外野手)②【パワナンバー・画像ファイル】

今朝の続きです。

今回はドラフト用。

 

では能力

f:id:halucrowd:20190816235830j:plain

f:id:halucrowd:20190816235832j:plain


渡辺 博之

1950~1959年

ポジション:外野手 投打:右投右打

経歴:旧制桃山中学→同志社大学→全大阪→大阪タイガース近鉄パールス近鉄バファロー

 

通算記録

1019試合 .273(3278打数896安打)  134二塁打 11三塁打 54本塁打 76打点 383得点 76盗塁(.655) 

245三振 306四球 10死球 31犠打 23犠飛※ 103併殺 出塁率.337 長打率.370 OPS.708

 

【キャリアハイ】1954年

129試合 .353(482打数170安打)  21二塁打 4三塁打 7本塁打 91打点 68得点 30盗塁(.857) 

27三振 51四球 1死球 5犠打 3犠飛 10併殺 出塁率.416 長打率.456 OPS.872

 

通算記録犠飛は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

 

大阪タイガースのオールドルーキー、渡辺博之選手です。

同志社大学を経て戦後は洋品雑貨店を営みながらノンプロの全大阪でプレイしていたもののタイガースの二軍が新設されることに伴って入団。シーズン開始時には29歳となるオールドルーキーであった。

当初は投手として起用する予定であったものの1登板でアウトを一つも取れずに降板したため右翼手に転向。これが功を奏して藤村富美男に続く5番打者として打率3割、2桁本塁打を記録し十分な結果を残した。翌年からは打率をあまり残せないでいたものの出場を続けていた。

しかし1954年には打撃が爆発。春先から打ち出して5月26日には6打数6安打の快挙*1も打率.353という高打率に加えて91打点で杉山悟と分け合う形で打点王まで獲得した。しかし首位打者与那嶺要の.361に及ばず獲得できなかった。なお、1桁本塁打での打点王獲得は2リーグ制移行では渡辺が唯一である。

翌年も3割を打つ安定した活躍を見せていたものの翌1956年からは打撃が低迷。1958年には近鉄パールスに移籍するも活躍することは叶わず翌1959年に現役を引退。

その後は母校である同志社大学の講師として工学部助教授や教授を歴任。1961年には野球部の監督に就任して明治神宮での初優勝へ導くなど華々しい経歴を築いた。

しかし1990年10月2日に持病や家庭内トラブルなどを苦に自殺。享年69歳であった。

 

査定について

1954年を基本的に査定。

基礎能力

弾道は本塁打数から2

ミートは大幅に上げたが、完全に単年の記録であるため他の年度などと比較して若干下方修正した。

パワーは10本塁打打てないほどに。

走力は盗塁企図数がこの年がかなり多いにでその当たりで高めに。

肩力はライトを任されていたや元々投手起用であったことから高めに。

守備はコンバートされていたことなどを考慮して低めに。

特殊能力

チャンスB打点王の箔。正直Cでもいいかと思ったが一応。

盗塁B:盗塁成功率から。通算などを考慮するとCでもいいかと思ったが一応。

アベレージヒッター:この高打率なので流石に出すべきだと思ったため。

粘り打ち:1954年三振率5.60%

固め打ち:マルチ安打や3安打が多いため。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190816235725p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:近年では大山悠輔選手が2018年9月16日に達成したことで再び注目を浴びた