パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】伊勢 孝夫(一塁手)【パワナンバー・画像ファイル】

今回はリクエスト案件です。

ということで伊勢孝夫選手。

 

 

f:id:halucrowd:20190902231608j:plain

ご尊顔

 

では能力

f:id:halucrowd:20190902231808j:plain

f:id:halucrowd:20190902231811j:plain

伊勢 孝夫

1963~1980

ポジション:一塁手 三塁手 外野手 (二塁手) 投打:右投右打

経歴:三田学園高校→近鉄バファローズ→ヤクルトスワローズ

 

通算記録

1042試合 .245(2325打数570安打)  77二塁打 10三塁打 90本塁打 313打点 254得点 38盗塁(.576) 

357三振 151四球 19死球 27犠打 12犠飛 58併殺 出塁率.295 長打率.403 OPS.698

 

【打撃キャリアハイ】1971年

112試合 .230(365打数84安打)  7二塁打 1三塁打 28本塁打 64打点 49得点 8盗塁(.500) 

47三振 26四球 5死球 0犠打 4犠飛 12併殺 出塁率.288 長打率.485 OPS.772

 

  

「伊勢大明神」「お伊勢さん」の愛称でしたしまれた伊勢孝夫選手です。

1963年に近鉄バファローズに投手として入団。しかし投手としては芽が出ずに1966年に野手に転向して二軍で力を伸ばし1967年に一軍デビュー。主に代打で起用されるも1割にも満たない成績で苦渋を舐めた。

しかし1969年にそれまで正一塁手であったトニー・ロイが退団したことにより定位置を獲得。その強い打棒で280打席と少ない打席ながら16本塁打本塁打を残し、その翌々年の1971年には打率は.230と振るわなかったものの全84安打中28の本塁打を放ち「ヒットの内3本に1本は本塁打」という成績を残した。翌年は初の規定打席に到達するも本塁打は14本塁打に留まった。

その後は安定した成績を伸ばすことは出来ずに準レギュラーとしてチームを支えた。

1977年に交換トレードでヤクルトスワローズに移籍。スワローズには既に大杉勝男という大打者が一塁に定着していたためその控えとして主に代打として出場。近鉄時代の長打力は鳴りを潜めていたものの打率は安定しており長打は少ないものの2割後半の打率を残した。1978年の日本シリーズ第4戦では代打として出場し1勝2敗であわや王手をかけられる9回二死で内野安打、後続のデーブヒルトンが逆転2ランで勝利して最終的に日本一に大きく貢献した形になった。

しかし1979年から流石に衰えを隠せず翌1980年を最後に現役を引退。

引退後はヤクルトやカーブ、近鉄のコーチなどを歴任し、ヤクルト打撃コーチ時代には野村克也監督の下3度のリーグ優勝と2度の日本一に貢献。近鉄のヘッドコーチとしては2001年に優勝に導くなど指導者としての功績が非常に高い。2008年には韓国のSKワイバーンズの打撃コーチとして就任。前年から続いていた2年連続の公式戦優勝、韓国シリーズ優勝にも貢献したものの翌年途中でチームの打撃不振を理由に二軍に配置転換されて同年で退団。

2010年途中からは古巣のヤクルト一軍の総合コーチ、翌2011年からは一軍総合コーチ、2013年からはヒッティングコーディネーターを務めあげ、更に翌年には二軍打撃コーチに就任。2015年のヤクルトのリーグ優勝に貢献している。優勝した2015年で退団。

2016年からは大阪観光大学野球部のアドバイザーを務めながら松竹芸能とマネジメント契約を結んで野球解説者や評論家としても活躍している。

評論は一歩引いた目から自論を展開しつつ監督やコーチのことを考えながらの育成論を書いておられるので一度見てみるのも一興だろう。

 

 

査定について

1969年と1971年を中心に査定。

基礎能力

弾道は4。明らかに長距離砲の成績なので。

ミートは打率から判断してかなり下げました。

パワーは逆に本塁打率が13.04とかいうおかしい数字をたたき出しているので30本塁打も打っていないですがAに。

走力は代走などで起用された経験なども加味してそこそこ程度に

肩力を踏まえた守備に関しては出場機会が少なかった一因としてザックリ下げた。途中交代止む無しみたいな采配になったらいいかなと思います。

特殊能力

チャンスB:いたるところに「勝負強い」と書かれているため。

逆境○:ビハインドの場面で打つことが多いため。

代打○クラシックSTATSさんより代打本塁打が多いと感じたためあとは代打の切り札らしさとして。

 

記録などを見たあとの戯言(備忘録みたいなの)

記録面で言えば非常に特徴的な選手である。キャリアハイである28塁打の年はキャリアとしても最低レベルの.230という低打率で出塁率も高くない。さらに言えばこのように大きく振り回していそうな打者としては三振率が高くないというのも特筆すべきか。四球の数を見るとコンタクト率は高いものの色んな球に手を出す選手だったとも見れる。

兎に角情報が日本プロ野球記録さんレベルが最大限でコーチとしての功績が偉大なためあまり情報が出てこないのが大きな問題か。

とは言え今回に関しては実績としては近鉄時代の一時期に大きく輝いた選手であるため特殊能力は抑え目にした。プルヒッターは迷いましたが。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190902231938p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com