パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】山内 一弘(外野手)①【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの公開です。

今回は山内一弘

 

f:id:halucrowd:20190907013619j:plain

ご尊顔 

では能力

f:id:halucrowd:20190907013415j:plain

f:id:halucrowd:20190907013417j:plain

山内 一弘

1952~1970年

ポジション:外野手 投打:右投右打

経歴:毎日オリオンズ毎日大映オリオンズ阪神タイガース広島東洋カープ

 

通算記録

2235試合 .295(7702打数2271安打)  448二塁打 54三塁打 396本塁打 1286打点 1218得点 118盗塁(.686) 

820三振 1060四球 29死球 8犠打 88犠飛※ 222併殺 出塁率.378 長打率.521 OPS.899

 

【キャリアハイ】1960年*1

133試合 .313(483打数151安打)  31二塁打 1三塁打 32本塁打 103打点 93得点 5盗塁(.701) 

40三振 67四球 2死球 0犠打 5犠飛 23併殺 出塁率.395 長打率.580 OPS.975

 

通算記録犠飛は1954年からの記録であるため正確な数字ではない。

 

毎日の主砲、「お祭り男」の異名をとった山内一弘選手です。

1952年に毎日オリオンズにテスト生として入団。6月の終わりごろから試合に出始めて.336と高打率を叩き出すなど順調な滑り出しを決めた。3年目の1954年にはレギュラーを掴み、ラリー・レインズと1点差で打点王も獲得してこの年から3割20本塁打を4年、1959年から3年連続で記録するなど「大毎ミサイル打線」と恐れられた打線の4番として当時の球界でも最高ランクの打者として君臨した。

1959年はシーズン途中まで三冠王に届くような活躍を見せていたものの8月27日に死球を顔面に受けたことで1ヶ月の欠場を余儀なくされ、更にはシーズン最終戦に相手チームの杉山光平と首位打者を競っていたこともあって敬遠攻めで首位打者を逃したことも。

1963年オフに小山正明との「世紀のトレード」とも称される交換トレードで阪神に移籍。移籍初年度の1964年は打率は落としたものの31本塁打甲子園球場でも力強さを見せ付けてリーグ優勝に貢献。1965年には史上初となる通算300本塁打を達成、1967年には昭和生まれ初となる2000本安打を達成するなど節目の記録も残した。

1968年に広島東洋カープに移籍。王貞治長嶋茂雄に次いで打率.313で3位の記録を残した。1970年を最後に現役を引退。

 

査定について

1959~1960年を中心にしています。なお、パワプロ2018のOB選手として存在するため変更した部分のみ

基礎能力

当時としても明らかに強打者であったのでパワーをA85に上方修正。

レフトとしての出場が主だったので守備面に関しては優れていないだろうということで肩力・守備・捕球全て下げた。

特殊能力

広角打法:左右に打ち分けるバッティングは流し打ちで表現されているもののライバルである中西太との対比を強調付けるために追加。

サヨナラ男:1959年にサヨナラ本塁打を2本記録。内1本は逆転サヨナラ満塁本塁打

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190907013444p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:OPSが最も高い1957年、三冠王に近かった1959年もあるが一番見栄えのいい1960年にした。