パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】稲川 誠(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

かなり昔にもらったリクエストです。

確か区星のパワプロ2018ブログさんから1年以上前にもらったやつだと思います。

 

f:id:halucrowd:20200227232141j:plain

ご尊顔

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20200228001448j:plain

f:id:halucrowd:20200228001453j:plain

f:id:halucrowd:20200228001459j:plain

稲川 誠

1962~1968年

ポジション:投手 投打:右投右打

経歴:修猷館高校→立教大学富士製鐵室蘭→大洋ホエールズ

 

通算記録

304登板(内169先発) 1343回2/3 2.78 勝率.542 83勝70敗 

完投50 完封18 奪三振785(率5.26) 四球785 死球13 四死球率3.53 暴投13 被本塁打112(率0.750) 被安打1136 失点488 自責点415 WHIP1.21

 

【キャリアハイ】1963年

54登板(内38先発) 338回1/3 2.42 勝率.605 26勝17敗 

完投19 完封6 奪三振188(率5.00) 四球133 死球17 四死球率3.99 暴投1 被本塁打19(率0.505) 被安打272 失点107 自責点91 WHIP1.20

 

 

一本足打法第1号の稲川誠選手です。

1962年に社会人野球の雄として大洋ホエールズに入団。ルーキーながらシーズン序盤から一軍に。はじめはビハインドでのリリーフ登板が主だったが、5月6日に初先発でありながら12奪三振を奪う初完封を記録して鮮烈なデビューを飾る。以後、ビハインドでのリリーフ登板に加えて先発も併用して投げ、大洋の2位に貢献した。

翌年は開幕投手を務めるものの、5月終了時点で防御率2.71*1でありながら2勝7敗と大きく負け越し。自身の失点もあるが、それまでの援護点が11得点のみと恐ろしいまでの無援護に悩まされた結果だった。なおこの2勝はどちらも完封勝利によるもの。

しかし6月以降は徐々に勝ちを拾っていき、7月4日から9月11日まで1敗を挟んで16勝をもぎ取って最終的には球団史上最多となる26勝をマーク。低迷するチームの中で唯一の勝ち越しを果たした*2

翌年も300イニングを超える登板を果たしたが、1965年から徐々に投球イニングが減っていき、1968年には14回2/3を投げるのみにとどまって現役を引退。

引退後は古巣ホエールズのコーチやスカウトを歴任。2006年からは7年間寮長も務めるなど大洋やそれに続くベイスターズに影ながらも貢献した。

カーブを多投するスタイルで大小2種類のカーブと速球を投げ分けて打者を打ち取った。1962年7月1日の巨人戦にて一本足打法に切り替えたばかりの王貞治と対戦。1打席目は右安、2打席目に一本足打法第1号となるホームランを打たれて間接的に一本足打法を確立させることとなった。

現在も存命中で昨年の4月には始球式を執り行った。

 

 

 

査定について

1963年を中心に査定しています。

基礎能力

速球はそこそこ程度に。

コントロール四死球率は死球の多さから低めに。Fにしようか迷いましたが、エース感を保ちたかったのでEに抑えました。

スタミナはガガガっと盛りました。SにするとちょっとダサいのでAで。

変化球

おさーるDATA BOXさんより2種のカーブとシュート。

そのまま当てはめて総変化9に。

 

特殊能力

対ピンチB:完封数が多いため。

対左打者F:カーブの多投に加えてかなりサイドよりの投球フォームから。

緩急○:カーブの有効度を上げるために。

内角攻め死球が多いため。おそらく内角から外角に逃げるカーブを多投していたと思われる(すっぽ抜けで死球)。

 

 

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200228001614p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com

*1:参考程度にこの年のリーグ平均防御率は3.15

*2:ただし、リリーフ登板で他の投手の勝ちを貰ったことも多少あることも記述しておく