パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】佐藤 孝夫(遊撃手)【パワナンバー・画像ファイル】

新人王キャンペーンの続きです。1951年パリーグ新人王の蔭山和夫選手はすでに該当年をやってるようなもんなので抜かします。

今回は佐藤孝夫

 

f:id:halucrowd:20200507233409j:plain

ご尊顔。

 

では能力

f:id:halucrowd:20200526115014j:plain

f:id:halucrowd:20200526115018j:plain

佐藤 孝夫

1952~1963年

ポジション:遊撃手 二塁手 外野手 投打:右投右打

経歴:白石高校→仙台鉄道管理局→国鉄スワローズ

 

通算記録

1275試合 .238(4078打数970安打)  176二塁打 19三塁打 150本塁打 432打点 557得点 219盗塁(.721)  

679三振 482四球 7死球 47犠打 19犠飛※ 77併殺 出塁率.319 長打率.401 OPS.720

 

【新人王シーズン】1952年

104試合 .265(321打数85安打)  7二塁打 1三塁打 14本塁打 33打点 61得点 45盗塁(.818)  

46三振 45四球 0死球 4犠打 -犠飛 4併殺 出塁率.355 長打率.424 OPS.779

 

黎明期国鉄を支えた打者、佐藤孝夫選手です。

「仙台鉄道管理局に佐藤あり」と宮城では有名な選手であり、1952年に国鉄スワローズに入団。5月からスタメン出場が増えて主に1番遊撃手として出場。力強い打撃と俊足でノンプロ時代の名声に違わず活躍をし、打撃では14本塁打に加えて8月28日から10月6日まで24試合連続安打の新人記録を樹立*1。9月7日から10月3日までの14試合連続得点のセリーグ記録(当時)も樹立*2した。更に45盗塁の新人記録も更新するなど記録づくめの鮮烈なデビューを果たした。

一方で守備は酷く、シーズンでの失策数は43、遊撃手としての守備率は9割を切るほどで当時としてもかなり悪い数字を叩き出しており、翌年以降は中堅手に転向することとなった。

1953年以降は中軸や1番打者を担い、リーグでもトップクラスの長距離砲かつ俊足の選手として活躍するもののケガでの離脱も少なくなく、シーズンを通してプレイできることが非常に少なかった。1957年にはその長打力で22本塁打ながら本塁打王青田昇と分け合った。これは2リーグ制移行最少の本塁打王でもある*3

以後、成績は伸び悩んで1960年に打率.280と最後の瞬きを見せるものの翌年以降は再び結果を出せなくなり、1963年で引退。引退後は打撃コーチやフロント、スカウトなどを歴任。

スカウト時代、獲得できなかった小坂誠をロッテのGMを務めていた広岡達朗に打診したことで小坂がロッテに入団を果たし、56盗塁を記録して結果的に自身の持つ新人最多盗塁記録を更新されることとなった。

2001年からは70歳にして初めて解説を務めたり精力的に活動していたものの2005年3月21日に脳出血のため死去。

 

査定について

1952年を参考にしています。

基礎能力

当時としてもトップクラスの長距離砲ですが、色々考慮して3にしました。

ミートは連続安打記録があるので滅茶苦茶悩みましたが、打率を考慮してこのあたりに。正直秋男がメチャクチャ欲しい。

パワーは当時としてはかなり打ってる方なのでこのあたりに。

走力は高めに。ただ、盗塁数はあるが打力に対して三塁打が少なすぎるのでBに抑えました。

肩力はそこそこ程度に。

守備は遊撃手としては致命的だったので低めに。正直遊撃手じゃなくて外野手として作りたかった…*4

特殊能力

チャンスメーカー:1番起用してもらうこととこれで連続安打記録の足しにしてもらうため。

かく乱:盗塁企図数に加えて得点/出塁が50%越えと非常に高いため。

 

 

 

雑談みたいな寸評

まぎれもない当時トップクラスの長距離砲。ラビット時代なら30本は堅いと思います。打率.265で連続安打記録という非常に難しい感じでしたが、正直秋男があればどうにかなった案件な気がします。秋男をください。

こういう記録づくめな選手いいですよね。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200526115226p:plain


パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:プロ野球記録の可能性が高いが、長池徳二選手の32試合連続安打以前から辿れないためこの表記

*2:2010年に脇谷亮太選手が15試合連続得点を記録して更新。当時のプロ野球記録は呉昌征選手の16試合連続得点。こちらは小笠原道大選手が17試合連続得点で更新して現在もプロ野球記録

*3:1960年に藤本勝巳が同じく22本塁打本塁打王を獲得しており最少タイ

*4:正ポジションの守備力を下げられる権利を独占しているKONAMIを許すな