パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

パワプロ2020のパワフェスをクリアした所感

パワプロ2020のパワフェスをクリアしたのでまだ少ししか触っていませんが、その所感とかをザックリと。

 

かなり簡単になった?

パワフェスモードそのものが非常に簡単になった印象があります。プレイヤースキルによるところもあると思いますし、パワプロ2020の打撃でミートが強化、強振が弱体化、守備が弱体化したのも大きいとは思います。が、それにしても2018のパワフェスモードより遥かに簡単になった印象があります。

大きな理由としては単純にCOMレベルが低い感があること、味方のサポート選手(いわゆるモブ)の野手が非常に成長しやすく、最終的にはオールDくらいに成長して序盤のサクセス選手よりも強くなること、自動プレイ時の失点がある程度抑えられていることが挙げられます。

正直クリアするまでにそれなりの敗北は覚悟していたのですが、1人目からラスボスに知って2人目でクリアまで至ったので正直拍子抜け感があります。もっと高難易度が欲しい人は達人のお守りを使えということでしょう。

とは言え、ロックオンなしのプレイになるので初心者の方からするとそれでも難しいとは思います。ので、「初心者だな~」って思っている人はそれなりに覚悟はした方がいいかもしれないです。まあこれくらいの難易度の方が面白いかもしれないですが。(僕はちょっと物足りない。)

 

ホームランは非常に出にくくなった

感があります。これは単純にパワプロ2020の強振が弱体化して2018と比較して飛びにくくなったこと(その分ホームランは凄く嬉しいが)、それに加えてサクセス選手のレベルが低いと弾道が引き下げられているという点が大きいです。

特に矢部くんに関してはレベル9でまだ弾道1なのでかなり弱体化を食らった形になります。弾道4の選手でも低レベル帯では2になっており、仲間にした数は少ないですがレベル1から弾道3の選手は見てないので序盤では「パワーヒッター型の選手を獲ってホームランを狙おう」というのはかなり厳しいと思います。パワーヒッターも低レベルでは剥奪されているので。

そのため序盤では「ホームランの数で獲得選手増加」のチームを選ぶのはかなり鬼門になっている状態です。前作と違って避けられるものなので「弾道2でもホームランが打てる!」という自信のある方以外は避けた方が賢明だと思います。まあ僕は準決勝で全部「ホームランを打て!」だったので泣く泣く選びましたが…。(結果は無本塁打

 

経験点が稼ぎにくくなった?

若干計算方式は変わっているとは思うのですが、今作は2018や2016と比較して経験点が非常に稼ぎにくくなっている印象です。単純にチームのベース値(チーム選択時に出る数字)が引き下げられているのが大きな原因だと思うのですが、2018と比較して序盤は強い選手が作りにくい状況です。

理由としては今作から導入されたメダル機能によって経験点が増加する分を引き下げた形だと思います。若干の簡悔精神とも言っていいでしょう。今作はメダル機能がやりこみ要素になり、これによって初期経験点も増加するので致し方ない処置と言ってもいいのですが、やっぱり引き下げすぎ感がある印象です。

とは言え、オールAくらいは全然育てられる感じではあるので別に大きな問題ではないですが、2018と比較すると強い選手は作りにくくなった印象ですね。

 

ラスボス戦が強い

前作では限界突破という名の単なる弱体化に加えてクイーンココロが非常に打ちごろの選手だったことでラスボス戦が非常に弱かったのですが、今作は普通に強いです。

ラスボス戦ではサクセス選手がLv.13(最大レベル)の状態で出てくるのですが、今作では限界突破が本当に限界突破なためハチャメチャな強さでかかってくること、ラスボスの投手そのものが非常に打ち辛いようになっていることからラスボス戦は非常に強い印象を受けました。

やっぱりラスボス戦はこれぐらい強い方が燃えますね。上の方で「簡単になった」と書きましたが、ラスボス戦に至ってはかなり難しいんじゃないでしょうか。

 

ザザっと書きましたが以上です。

サクセスもちょっと触れたりしてTwitterで他のプレイヤーの感想なども見ていますが、2018のフィードバックを生かした作りになっているので現在のところ非常に面白いです。最高傑作と言ってもいいんじゃないでしょうか。