パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB選手・パワプロ2020】内藤 幸三(投手)※1936秋【パワナンバー・画像ファイル】

 

歴代タイトル獲得者シリーズです。

 

f:id:halucrowd:20200731212321j:plain

ご尊顔

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20200731212437j:plain

f:id:halucrowd:20200731212441j:plain

f:id:halucrowd:20200731212444j:plain

内藤 幸三

1936~1951

ポジション:投手 投打:左投左打

経歴:小樽商業学校→東京市立商業学校→東京リーガル倶楽部→名古屋金鯱軍→朝日軍→ゴールドスター&金星スターズ→阪急ブレーブス→広島カープ

 

通算記録

368登板(内277先発) 2220回2/3 3.27 勝率.395 92勝141敗 

完投154 完封23 奪三振1054(率4.18) 四球1108 死球38 四死球率4.64 暴投20 被本塁打89(率0.361) 被安打1974 失点1054 自責点807 WHIP1.39

 

【タイトル獲得年*1】1936年秋

24登板(内10先発) 133回2/3 3.63 勝率.429 6勝8敗 

完投7 完封0 奪三振139(率9.36) 四球103 死球8 四死球率7.47 暴投7 

本塁打4(率0.269) 被安打100 失点88 自責点54 WHIP1.52

 

太字はリーグ最高 赤太字NPB史上最高

 

初代奪三振王の内藤幸三選手です。

1936年に名古屋金鯱軍の設立に参加。軟式野球出身でそれまで硬球を触ったことがなく、プロになってから硬球を触った変わり種の選手でもあった。

非常に荒れ球の選手であり、その剛球とドロップを使い分けて133イニング2/3を投げて139の三振を奪って初代奪三振*2となった。一方でその荒れ球から103四球も記録しており、四死球率にいたっては7を超えて被安打数よりも四球数の方が多い投手でもあった。

以後、兵役を挟みながらも黎明期のプロ野球を駆け抜けて1950年には広島カープの設立にも参加。球団第1勝を挙げる活躍も果たした。

 

査定について

タイトルシリーズなので奪三振王の1936年秋のみ見ています(その後2年間は兵役によるブランクがあるので後年のことを考慮してもしょうがない)

基礎能力

球速は剛速球だったみたいなので速めに。まあ速くないとそれっぽさがでないので

コントロールはまず間違いなく酷かったはずなのでかなり低めに。

スタミナは高めに。

変化球

ドロップ、スローカーブを確認。2球種とも採用。総変化は6に。

特殊能力

対ピンチELOB%が6割を切っており、かなり得点されている。守備の影響もあるとも思うのでE止まり。

打たれ強さE:結構打たれているので。

ノビB:剛速球感。

奪三振奪三振率だけとってもこの年は異常と言っていい数字。奪三振王関係なくつけるべき。

クロスファイヤー:が持ち味だったみたいです。

 

 

 

余談

制球力は元来良くはなかったとは思いますが、それよりも硬球に触れたのがプロ入り後というのがかなり影響しているとは思います。この年だけ異常なくらいの四死球率なので。

 

余談Part2

実を言えば対ピンチFで送球Fくらいにするつもりでしたが、赤特の本を買う資金を確保してなかったので泣く泣く妥協しました。

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200731212615p:plain

パワプロ2020で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com


*1:実際は当時奪三振はタイトルではなかったためタイトル獲得ではない

*2:当時はタイトルではない