パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

パワプロ2018についてーまとめー(サクセス編)

www.heroin-powerpro.com

 

これのサクセス版です。

 

そのほかのまとめはこちら

www.heroin-powerpro.com

 

上記記事同様に概要だけなので、個人の感想なり考察じみた何かはなし!

 

f:id:halucrowd:20180420002804j:plain

 

目次

1.今作のサクセスは高校野球編

2.今作のシステムについて

3.登場キャラクター

4.演出面

 

 

        1.今作のサクセスは高校野球

概要

今作のサクセスは本編では2013以来*1となる高校野球編。デッキシステムを搭載していないサクセスとしては2011以来である。

シナリオは「パワフル第二高校編」、「南国リゾート学園編」、「五竜郭高校編」の3つが用意されており、それぞれプレイ期間が異なる。

それぞれのシナリオについて説明していこう。

 

パワフル第二高校:プレイ期間 2年7月~(56ターン)

f:id:halucrowd:20180420003441j:plain

あらすじ

主人公は野球の実力はあるものの、それを鼻にかけた傲慢さから嫌われていた。

しかし、とある事件で記憶と野球の実力の両方を失ってしまう。素直な性格になった主人公は野球の実力を取り戻すことと、嫌われ者の現状を変えるために地道な努力をする。果たして甲子園に出場することは叶うのだろうか。

 

南国リゾート学園:プレイ期間 2年4月~(68ターン)

f:id:halucrowd:20180420003846j:plain

あらすじ

野球の実力はあるものの貧乏で高校に通えない主人公と理事長の御曹司だが野球の実力はからっきしの花鳥千香が出会う。そこで理事長から二人の入れ替わりを提案されて主人公は快諾。野球部を強くしていく。

 

五竜郭高校:プレイ期間:1年4月~(116ターン)

f:id:halucrowd:20180420004019j:plain

あらすじ

かつて甲子園に出場するほどだった五竜郭高校だが今では廃部寸前。そこに20年前の甲子園決勝に出場し、悔しくも敗れた当時のキャプテン、森賢蔵が監督として就任。全国から集められた1年のみのチームを率いて甲子園を目指す。その中には20年前のエースの息子の主人公もいた。

 

 

 

 

        2.今作のシステムについて

練習などの基本的なシステムについては省きます。

3シナリオに共通する点

パワマップ

f:id:halucrowd:20180420004229j:plain

2016に続いて今作もパワマップは続投。練習後に加えて回復*2コマンドのあとも街を巡ることが出来るようになった。

前作同様にキャラクターの顔が描いている場所に行けば、そのキャラクターのイベントを進めることが出来る。

ただし、今作から導入された行動力が50以上ない場合はパワマップで街巡りができない。

行動力は街巡りをすることで消費し、1週につき20回復する。街巡りをするときは、行動力と相談して行う必要がある。

 

スキルシステム

f:id:halucrowd:20180420004856j:plain

今作から導入されたスキルシステム。キャラクターのイベントを進めたり、タッグ練習をしたりするとレベルが上がっていく。

レベルが上がるとスキルを取得することができ、取得経験点の上昇や必要経験点の減少など育成に役立つスキルが発動する。選手の場合はレベルに応じてその選手の能力も上昇する。

レベルを最大まで上げると選手に応じて超特殊能力(もしくはそのコツ)が取得できる。

パワマップと一緒に上手く使ってより強い選手を作ろう!

 

アルバム

f:id:halucrowd:20180420021136j:plain

今作から導入されたアルバム機能。すでに見たイベントを繰り返し見ることが可能に。

今まで見る機会が少なかった「ハズレ選択肢」を手軽に見ることが出来るように!

高校ごとに達成率が設けられており、100%を達成すると何か特典があるとのこと。

目指せ!アルバムコンプリート!

 

アイテム

今作でもアイテムが登場。バイトで稼いだお金を使ってショップでアイテムを購入し、使用することが出来る。(物価は大体2016社会人編の1/5くらい)

今作では赤特殊能力の本も購入が可能。ただし、これはパワマップで尾梅小雪と会う必要がある。

f:id:halucrowd:20180420021756j:plain

 

継承選手

f:id:halucrowd:20180420021937j:plain

今作でも継承選手デッキが登場。サクセス中のイベント(新入生イベントなど)に登場し、仲間にすることが出来る。パワマップにも登場し、友情タッグも組めたりなど育成面に大きく貢献してくれる。

強い選手を作ってより強い選手を作ろう!

 

総合練習

南国リゾート学園五竜郭高校専用と思われるが、今作から総合練習が可能になる。

練習の一つであるが、全ての能力が均等にあがる練習であり、野手の変化球も上昇する。

ただし、キャプテン時のみ選択が可能なので南国リゾート学園では最初から、五竜郭高校では2年の夏まで待つ必要がある。

 

 

 

パワフル第二高校のみ

パワフル第二高校では学力が重要となってくる。

定期試験イベントがあり、学力の良し悪しでイベント内容が変わってくる。パワマップの「図書館」や定期イベントで上昇が可能。

育成に注力して学問をおろそかにすると痛い目を見るぞ!

 

南国リゾート学園のみ

二刀流専門サクセス

南国リゾート学園はパワプロ史上初めての二刀流専門のサクセス。開始前にサブポジションを決定し、投手として育成をすることに。

二刀流育成に合わせて、練習画面ではL/Rボタンで投打の練習を切り替えることが可能に。走塁練習の次の週に変化球練習も可能に。

 

開発?

南国リゾート学園では中盤以降に安定した収入を得ることが可能となる。詳細は未だ不明だが、おそらく「開発」と称した安定した収入を得ることが出来る施設を作ることが出来るのではないかと考えられる。

 

五竜郭高校

部費

五竜郭高校では主人公の所持金とは別に部費が存在する。

これは練習機材のレベルアップにのみ使用することが可能であり、他の用途には使用できない。

どの程度の頻度で入ってくるのか、部費の上昇はするのかなど詳しいことは未だ不明。

 

必要経験点が多い

五竜郭高校は3シナリオで最も長い期間プレイするサクセスであり、その調整もあってか必要経験点が多い。

具体的にどの程度多いのかは不明。

 

出井田メソッド

メガビット工業高校に所属する出井田文飛が考案・実施している練習。

詳しくは不明だが、育成に大いに役に立つものであるようだ。バージョンアップも可能。

 

 

 

 

        3.キャラクター

共通

矢部明雄:お馴染みの主人公の相棒。全てのシナリオに登場する俊足の選手。よく「矢部カス」とか「矢部ンチ」と揶揄されるが普通に強いと思う。

 

パワフル第二高校

選手

土中実:主人公を嫌って野球部を休部していた投手。主人公の記憶喪失に伴いキャプテンに就任。

萬判次:優れた守備力がウリの内野手。サボりぐせがあり、レギュラーを外されている。

諏訪野聖人:才能溢れる捕手の後輩。主人公の復活に期待を寄せている。

多目口:足が自慢のサッカー部員だが、その足を買われて野球部に。生意気。

 

他の登場人物

大一万大吉:佐和蟹高校のキャプテン。自分が原因で失われた主人公の記憶を取り戻そうとする。

 

南国リゾート学園

選手

 

花鳥千香:主人公そっくりの学園の御曹司。自分に自信がなく努力もしていない。

尾梅民夫三塁手。自分を「悪魔の子供」と信じきっている。

蒔田牧人:後輩。スポーツメーカーの社長の息子。

紅鶴大斗:野球部の後輩だが、メンタルに難がある。

 

他の登場人物

鞍馬貴文:貧乏で主人公と違う学校に通っている。バイト先で知り合う。

花鳥風香:花鳥千香の母であり、南国リゾート学園の理事長。千香と見た目がそっくりな主人公に入れ替わりを提案する。

 

五竜郭高校

選手

覆水武明:20年前に五竜郭を破った高校のキャプテンの息子。一匹狼。

一刀:打撃を買われてキャプテンに就任した。チャンピオンになりたい。

・小野分虎文:主人公の後輩。あるイベントを境に主人公の呼び方は「オヤビン」

九条万能:いなくなった親友の代わりに甲子園を目指す後輩。

 

他の登場人物

森賢蔵:野球部監督で、20年前にキャプテンだった捕手。

出井田文飛:メガビット工業高校の捕手。「出井田メソッド」なる練習法の完成を試みる。

 

マネージャー

マネージャーは5人で、シナリオごとに立ち位置は異なるものの、シナリオによって登場しないということはない。シナリオによってはメインヒロイン級の扱いになったりする。

咲須かのん吹奏楽部の大食らい。演奏技術に行き詰まりを感じて相談してくる。

諏訪野君子:コスプレ好きの自由奔放な同級生。パワフル第二の聖人の姉。

若菜初美:美人で評判の同級生。弟がいる。

榎下舞那美:大工の棟梁の娘で一流の職人。練習機材を強化してくれたりする。

市枝いちご:バッティングセンターが実家。五竜郭高校編では覆水に一目惚れ。

f:id:halucrowd:20180416021209j:plain

 

 

 

 

        演出面

今作では演出面が非常に強化されている。

立ち絵が非常に滑らかに動き、新キャラクターにはボイスが搭載されている。

一部フルボイス(台詞の全部を喋る)だが、おおよそは最初の掛け声だけであるようだ。「あぁ」とか

www.youtube.com

 

詳しくはこのプロモーションムービーで確認しよう。百聞は一見に如かずである。

 

以上。

 

 

 

 

他の情報はこちらから!

www.heroin-powerpro.com

*1:本編以外ではアプリやサクセススペシャルがある。

*2:今作の「休む」コマンドの呼称