パワプロのことを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのことを書くだけです。

【MLB・OB選手】ジョー・ディマジオ(外野手)【パワナンバー】

リクエストです。勢いで作った。

流石に小鶴誠ファンとしてはメジャーの小鶴であるジョー・ディマジオをリクエストされるともうどうしようもなかった。

え?小鶴が和製ディマジオ? そんなぁ…。

 

 

では能力

f:id:halucrowd:20180329022154j:plain

f:id:halucrowd:20180329022157j:plain

 

ジョセフ ポール ディマジオ

1936~1951年

ポジション:外野手 投打:右投右打

 

通算記録

1736試合 .325(6821打数2214安打)  389二塁打 131三塁打 361本塁打 1537打点 1390得点 30盗塁(.769) 

369三振 790四球 46死球 14犠打 130併殺※ 出塁率.398 長打率.579 OPS.977

 

【連続安打記録樹立年】1941年

139試合 .357(541打数193安打)  43二塁打 11三塁打 30本塁打 125打点 122得点 4盗塁(.666) 

13三振 76四球 4死球 0犠打 6併殺 出塁率.440 長打率.643 OPS1.083

 

※併殺は記録されていない年があるためこれより多い。

 

 

MLBの連続試合安打記録56の保持者、ジョー・ディマジオ選手です。

ベーブ・ルースの穴を埋めるヤンキースの四番として君臨しました。兵役のこともあり、1943~1945年を棒に振っているためもっと凄い記録を保持していた可能性がある選手です。

他にも「ルースの建てた家」と称される左打者有利の球場、旧ヤンキー・スタジアムがホームだったため、ホームランを量産しにくいこともあった地味に不遇な選手。まあ当時のヤンキースの右打者がそうと言えばそうなのでしょうが。

なんだかんだで日本と縁のある人物。マイナー時代にあの沢村栄治と対戦した逸話があったり*1小鶴誠選手は「和製ディマジオ」と称され、杉下茂選手から本塁打を打った翌日に帰国し、引退を宣言。以後何度か来日し、後年になっても「僕が本塁打を打った投手(杉下選手)は元気にしているかい?」と尋ねたりした。

 

人柄も良く、プレーも華麗で寡黙ながらファンに人気があった選手でもあります。

 

75年経っても未だ更新される気配すらないこの大記録を樹立した偉い人です。みなさん尊敬しましょう。

 

 

査定について

基本的に1941年を中心に考えて作成しました。

 

基礎能力

ミートやパワーはC練さんの配布しているエクセルファイルを用いてやりました。

まあ元々SAくらいにはあたりをつけていたのでそれくらいに。

走力ですが、「速かった」との記述があったため速めに。守備範囲も広かったこともありBにしました。Aにしたほうが良かったかとも思うのですが、盗塁企図数の少なさや見栄えのこともありAに近いBで落ち着けました。

肩は補殺数が例年20弱くらいあったので結構高めに。以前タイ・カッブの査定をしましたがタイ・カッブは例年の補殺数が20を超えててB77だったのでどうしたものかと思いましたが、タイ・カッブにはレーザービームがついていたことを思い出したのでA84にしました。正直Sとかにしても良かった気がするけど見栄えがね…。

守備はかなり高めに。まあ「華麗な守備」と称される、というか「プレー全てが華麗」といわれた選手なので*2、大幅に盛ってS97。RFも3近くあるのでいいでしょう。

捕球はそれなりに。今回はプロ野球 歴代ベストナイン・最強チーム研究部さんを参考にしました。というのもKONAMIさんの査定を見たら守備率が.979の福留選手が.989の長野選手に勝っているというわけのわからん状態*3になっていたので、別の指標を参考にしました。勝手に使わせていただきました。ありがとうございました。

 

特殊能力

チャンスA:三倍打点ニキ。他にも四番を任されていたことから。

ケガしにくさC:兵役を加味して。なんとなくBはつける気にはなれなかった。

走塁A三塁打の多さを考慮して。また、走塁はピカイチだったという記述より。

送球B:補殺数が多いので。Aにしたほうがいい気もするが、タイ・カッブで日和ってBにしたのが全部悪い。

広角打法:イメージ。ただ「ルースの建てた家」でもそれなりに打っているので広角に打ち分ける技術はあったかと

流し打ち:イメージ。

粘り打ち:三振の少なさを考慮して。

威圧感:流石にMLB記録保持者にはつけなきゃね。

いぶし銀:「華麗さ」を出すため

守備職人:「華麗さ」を出すため

対エース○:56試合連続安打をするってことはエース級の相手でも打ってたはずなので。

 

以上。

と言いたいが、ちょっと弁明を。

 

つけなかった特殊能力について

ちょっといくつか言い訳というか説明をさせて欲しい。ちょっと色々考慮した結果つけたくてもつけれなかったorつけてはいけない気がした特殊能力があります。

 

安打製造機

つけたかったのは山々なんですが、安打製造機を入手するためには体当りの強制取得を免れ得ません。

パワプロ2016の社会人編でのかなりの汚点の一つです。

さて、僕のジョー・ディマジオのイメージとしてあるのは「華麗なプレーで魅せた選手」というイメージです。さて、これに体当りはあってもいいかと言われるとNO

通年で本盗を5回していますが、やはりこれは華麗に盗んだものだと思います。まあ記述がないので脳内補完なんですが。

なのでつけたいのは山々でしたが、どうしてもつけれなかった。これはジョー・ディマジオに対する僕なりの礼儀です。

 

パワーヒッター

またこれもイメージを重視してつけませんでした。ゴチャゴチャ特殊能力がついていますが、これをつけなかったせいでもあります。

これも「パワーのある巧打者」というイメージが先行してつけれませんでした。なんかつけたらおかしな気がした。

1937年に46本打っていますが、どうにも大砲というイメージが追いつかなかった。

 

弾道4

上述どおり46本打ってたりしますが、「ライナーを意識した大振りだった」とのことだったので意識的に下げました。また、イメージ先行で強振多用もつけれませんでした。

 

 

僕のイメージに付き合わされるみなさんには気の毒ですが、やはりある程度イメージも大切にしたい。なぜならその方が特徴が出るから。

アヘアヘ単打マンくんみたいなやつみんな好きでしょ?僕も好きだから特徴を出したい。

弁明終わり!

 

以上です。

 

 

パスワード

f:id:halucrowd:20180330010635j:plain

 

 

heroin.hatenablog.com

*1:本塁打を打っている

*2:この「プレー全てが華麗」が重要。

*3:特に外野手は送球に寄るエラーが少ないので、フライやゴロの処理による失策が多いと思われるので余計にわけがわからない