パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【ドラフト選手・パワプロ2018】奥川 恭伸(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

ドラフト候補の公開です。

今回は奥川恭伸

 

f:id:halucrowd:20190822215439j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190822215649j:plain

f:id:halucrowd:20190822215653j:plain

f:id:halucrowd:20190822215651j:plain

奥川 恭伸

ポジション:投手 投打:右投右打

経歴:星稜高校

 

星稜高校のエースで高校BIG4の一角、奥川恭伸選手です。

最速154km/hのストレートとキレのあるスライダーが持ち味のプロ注目の投手。球速、制球、体力、変化球とどれも高校最高レベルの評価を得ている逸材。

コースギリギリに決まる制球力で見逃し三振を奪うこともあれば、キレのある縦のスライダーで空振り三振も奪えるなど奪三振能力がずば抜けており、智弁和歌山との甲子園三回戦では14イニングを投げきって23奪三振と延長を含んだ奪三振記録で江川卓に並ぶ2位*1につけた。

甲子園決勝では惜しくも敗れてしまったが完投。今年のドラフトで目玉になると予想されている。

 

査定について

基礎能力

球速は甲子園で出した154km/h。地方大会で158km/hも記録しましたが本人が当時「153km/h」と答えているのでそっちを尊重しました。

コントロールはかなりいいので高卒としてはかなり高めに。

スタミナは大体こんなもんだろうということで。

変化球

スライダーは縦スラなのでVスライダー、他にフォークとチェンジアップ、緩いカーブ。

Vスライダーはかなりの武器になっているので問答無用で4。

フォークは130km/h台と速め、チェンジアップも特別遅いわけではないのでSFFに統合。総変化は6。

特殊能力

奪三振:スライダーと制球力による奪三振能力が非常に高いので。

尻上がり:100球を超えても150km/h台を出せることを考慮。

四球:コントロールがよく、四隅を狙えるだけに逆にボールになりやすいのではないかと。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190822215741p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com