パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【現役選手・パワプロ2018】坂本 工宜(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

本日、支配下登録された選手の紹介です。

 

f:id:halucrowd:20190302164100j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190302215825j:plain

f:id:halucrowd:20190302215829j:plain

f:id:halucrowd:20190302215832j:plain

坂本 工宜

2019年~

ポジション:投手 投打:右投右打

経歴:関西学院高等部関西学院大学読売ジャイアンツ

 

【2018年 ファーム成績】

23登板(内3先発) 68回2/3 4.85 勝率.429 3勝 4敗 0H 0S

完投0 完封0 奪三振66(率8.65) 四球25 死球2 四死球率3.53 暴投0 

本塁打4(率0.524) 被安打73 失点39 自責点37 WHIP1.43

  

本日、読売ジャイアンツ支配下登録された坂本工宜選手です。

高校時代は外野手としてプレイ。しかし一度もベンチ入り出来ずに不完全燃焼で終わる。大学は系列の関西学院大学へ進学。投手希望であったが硬式野球部は投手経験者しか投手が出来ない方針であったため準硬式野球部に入部。当初は外野手であったものの2年時に投手へ転向。3年のときは関西選抜に選ばれて台湾に遠征するなど目覚しい成長を遂げ、4年の春にはチームの9季ぶりの優勝に大きく貢献した。

2016年のドラフト会議において読売ジャイアンツから育成4位で指名を受ける。

翌2017年では3軍のみの登板であったが、台湾でのウィンターリーグイースタン選抜として出場。2018年は防御率は4.85と良くなかったものの23登板を果たしロングリリーフもするなどの活躍を見せた。

3年目で勝ち得た支配下登録。今季は育成選手で唯一一軍キャンプに帯同するなど順調に駒を進めており、今後の活躍に期待のかかる選手。

 

 

査定について

基礎能力

球速は149km/h。

死球などがあるもののコントロールに大きな問題があるとは思えないのでE43

スタミナはロングリリーフが期待されていることや先発もしていることから中継ぎとしては若干高めに。

変化球

 

様々な記事からスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、カットボールを確認。

一番の武器である縦のスライダー、最近の記事で記述のあったチェンジアップ、カットボールを採用。キレのある投球が売りだが、キレ○を入れるほどではないと思ったのでVスライダーを4、チェンジアップとカットボールは2と1で総変化7。 

特殊能力

内角攻め:内角を攻める強めのピッチングが持ち味。

四球:コントロールを上げた補填

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190302215852p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com