パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2020】今久留主 淳(遊撃手)【パワナンバー・画像ファイル】

リクエストです。

 

 

 

 

では能力

f:id:halucrowd:20200730014549j:plain

f:id:halucrowd:20200730014553j:plain

今久留主 淳(いまくるす すなお)

1950~1956年

ポジション:遊撃手 二塁手 三塁手 投打:右投右打

経歴:嘉義農林学校→全鹿児島→星野組→毎日オリオンズ西鉄クリッパーズ西鉄ライオンズ

 

通算記録

621試合 .266(1648打数439安打)  69二塁打 15三塁打 4本塁打 126打点 191得点 71盗塁(.683)  

83三振 134四球 7死球 56犠打 3犠飛※ 36併殺 出塁率.324 長打率.334 OPS.658

 

【キャリアハイ】1952年

117試合 .290(404打数117安打)  28二塁打 5三塁打 1本塁打 26打点 63得点 23盗塁(.767)  

22三振 42四球 2死球 14犠打 -犠飛※ 10併殺 出塁率.359 長打率.391 OPS.750

 

犠飛は1954年からの記録のため通算犠打数は正確な数字ではない

 

 

黎明期西鉄リードオフマン今久留主淳選手です。

1950年に毎日オリオンズの創設と共に入団。しかし同年のシーズン途中で西鉄クリッパースにトレード移籍。移籍後すぐに俊足とコンタクト力を備えた1番打者として定着し、黎明期の西鉄を支えた。

特にコンタクト力は非常に高く、通算の三振率は5%程度*1西鉄が優勝した1954年に限っては328打席に立って僅か5つの三振と驚異的な数字を記録している。

しかし31歳での入団だったことから実働期間は長くはなく1956年を最後に引退。その後はしばらく西鉄のコーチとしてチームを支えた。

 

1990年代に横浜・西武に所属した今久留主成幸選手は親戚。

 

査定について

1952年を中心に見ています。

基礎能力

記録を見ていると本塁打は多分ランニングホームランっぽいので弾道はあえて1。

巧打の選手だったこともあってミートはCの後半にしました。Bにするか少し迷いましたが…。

走力は俊足だったことからAに。

肩力は内野手としてそれっぽく。

守備はなんだかんだ内野を任されていることからそこそこ出来ていたと思うのでこのあたりに。

特殊能力

チャンスE:1番打者だったこともあるが若干打点が物足りないか。

カット打ち:コンタクト能力が高かったみたいなので。

チャンスメーカー:1番打者っぽさをだすために。

 

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200730014651p:plain

パワプロ2020で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com


*1:当時の三振率は10%を切る程度ではあるもののそれでも驚異的な数字