パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】山田 伝(外野手)①【パワナンバー・画像ファイル】

ベストナイン選手公開の続きです。

今回は山田伝。

 

f:id:halucrowd:20180826165539j:plain

ご尊顔

 

では能力

f:id:halucrowd:20180826165558j:plain

f:id:halucrowd:20180826165600j:plain

 

 

山田 伝

1937秋~1948年

ポジション:外野手 (二塁手) (投手) 投打:左投右打

経歴:エリグローブ高校→阪急軍&阪急ブレーブス

 

通算記録

875試合 .251(3060打数767安打)  85二塁打 20三塁打 10本塁打 188打点 414得点 231盗塁(.---) 
170三振 476四球 5死球 63犠打 5犠飛※ -併殺※ 出塁率.352 長打率.301 OPS.654

 

【キャリアハイ】1943年

83試合 .272(276打数75安打)  4二塁打 3三塁打 2本塁打 16打点 46得点 56盗塁(.848) 
10三振 79四球 0死球 10犠打 -犠飛 -併殺 出塁率.434 長打率.330 OPS.764 

 

※太字はリーグ1位の記録 盗塁成功率は盗塁死が記録されていない年があるため不明。同様に犠飛、併殺も記録がない年があるため正確な数字ではない。

 

初代ベストナインの一人であり、「へそ伝」の守備で知られた山田伝選手です。

 

アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の日系二世であり、アメリカのセミプロ球団の日本遠征の際にスカウトされ、阪急に入団。

1番中堅手として戦時中断を挟んでほぼフル出場。俊足巧打で知られ、リーグ打率2割前後のところを.270ほどで安定してマークし、1943年にはリーグ2位*1の打率をマークし、戦前最多となる56盗塁をマークした。

守備も特徴的でフライボールは必ずへその辺りで捕球することから「へそ伝」と称され親しまれた。俊足を生かした守備範囲も非常に広かったため外野にフライボールが上がると観客から期待の声が上がることもしばしばあった。

二塁手・投手としても出場し、鬼頭数雄同様に数少ない左投げながらの二塁手でもあった。投手として1勝しているが、その試合では南海を相手に32-2の大援護を貰い完投勝利したものであり、これは一試合最多得点・最多得点差のプロ野球記録である。

1948年に引退し、その後はアメリカの在住経験を活かして阪神タイガースの通訳兼スコアラーとして「変な日本語を喋る通訳」として親しまれた。

1960年代後半から70年代にかけて同球団の守備走塁コーチも務め上げた。1987年永眠。享年73歳。

 

 

査定について

基礎能力

弾道は本塁打を2本打っていることから3に。2にした方が良かったかもしれない。

ミートはリーグ最低打率.196の状況下で.272を叩き出しリーグ二位も獲得していることからかなり上方修正した。パワーは本塁打数や三塁打の多さからC61まで上げた。

走力は盗塁数などを考慮して大幅に見積もってS92

肩力はそれなりに補殺数があったのでB75に。

守備範囲が大きかったとのことからAにしようかと思ったものの走力の関係からBに落とした。

捕球は悪くはなかったためDに落ち着かせた。

 

特殊能力

 

チャンスE: リーグ打率が悪すぎるにしても流石に打点数が低いため。内2点は本塁打であることも考慮。

盗塁A:戦前最多盗塁を賞して。

走塁F:1943年は二塁打が少ないこと、通算で見ても足の速さが取りざたされているものの三塁打がそこまで多くないことから下げた。走力を思いっきり上げたのも大きい。盗塁をしまくっている割に帰塁率も良くない。

粘り打ち:三振率3.62%

内野安打○:単打の多さから。俊足の表現もしたかった。

かく乱:これだけ盗塁が多いならば塁に出ただけでかなりプレッシャーだっただろう。

チャンスメーカー:一番打者での出場でかなり打率がいいため、その補正。

選球眼四死球率22.01%

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20180826172306p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:なお、リーグ1位は呉昌征の.300