パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】平野 謙二(三塁手)【パワナンバー・画像ファイル】

松竹計画の続きです。

今回は平野謙二。

 

f:id:halucrowd:20200118031744j:plain

ご尊顔。

 

では能力

f:id:halucrowd:20200129181510j:plain

f:id:halucrowd:20200129181516j:plain

平野 謙二

1946~1956年

ポジション:三塁手 二塁手 外野手 遊撃手 投打:右投右打

経歴:海南中学→パシフィック&太陽ロビンス大陽ロビンス松竹ロビンス→洋松ホエールズ大映スターズ

 

通算記録

634試合 .206(1741打数359安打)  54二塁打 13三塁打 27本塁打 145打点 152得点 12盗塁(.429) 

313三振 121四球 10死球 14犠打 0犠飛※ 16併殺※ 出塁率.262 長打率.299 OPS.560

 

【1950年成績】

37試合 .164(67打数11安打)  2二塁打 1三塁打 3本塁打 7打点 12得点 0盗塁(.---) 

13三振 11四球 0死球 1犠打 -犠飛 1併殺 出塁率.282 長打率.358 OPS.640

 

※は成績の残っていない年度もあるため正確な数字ではないもの。

 

戦後のパシフィックから松竹ロビンス消滅まで在籍した平野謙二選手です。

1946年にパシフィックに入団。元々は投手であったものの主に三塁手としての出場をしていたものの攻守ともに成績を残すことは出来なかった。1949年には二塁手三塁手の併用で多くの出場機会を得て俊足を生かした打撃で335打席で5三塁打と7本塁打を残した。

1950年は二塁手金山次郎三塁手に三村勲が移籍してきたことにより出場機会が大きく失い、打率も.164と全く振るわず優勝に貢献したとはとても言えない成績だった。

1952年、1954年にも多くの出場機会を得たが2割前半という低い打率から定着には至らず、1955年に大映スターズに移籍。翌1956年で現役を引退した。

 

査定について

1950年前後を参考にしています。

基礎能力

本塁打率で考えれば500打数換算で15本くらい打っていますが、本塁打の内訳として俊足を生かしたランニング本塁打がそれなりに占めていると思われるので弾道やパワーは低めに。ミートはGにしてもいいくらいでしたが弾道が2なのでギリギリFに乗るくらいに。

俊足であることは確認しているため走力は大幅に高めにしてA81

投手出身で強肩でもあったらしいので肩もそれなりに高めに。

守備に関してはそれなりに動けたんだろうと思いましたが変に起用されても困るので微妙な位置に。

特殊能力

対左投手F:低打率にするために。

盗塁G:恐ろしいまでの盗塁企図数の少なさと成功率の低さから。慎重盗塁も付けました。

走塁A:ベースランニング1周15秒台(以内?)。三塁打数もかなりあるのでガン盛りしました。

送球F:三塁での失策数が多すぎるため。

ハイボールヒッター:高めに強いらしいので。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200129181545p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com