パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】宮崎 仁郎(遊撃手)【パワナンバー・画像ファイル】

松竹計画の続きです。

今回は宮崎仁郎。

 

f:id:halucrowd:20200115030009j:plain

ご尊顔

 

では能力

f:id:halucrowd:20200129181654j:plain

f:id:halucrowd:20200129181658j:plain

宮崎 仁郎

1946~1954年

ポジション:遊撃手 三塁手 二塁手 投打:右投右打

経歴:長野商業学校→明治大学近畿グレートリング→宇高レッドソックス熊谷レッドソックス→小口工作所→明電舎大陽ロビンス松竹ロビンス大洋松竹ロビンス→広島カープ

 

通算記録

601試合 .248(1964打数488安打)  53二塁打 10三塁打 17本塁打 173打点 211得点 52盗塁(.666) 

157三振 119四球 12死球 37犠打 0犠飛※ 20併殺※ 出塁率.295 長打率.312 OPS.607

 

【1950年成績】キャリアハイ

135試合 .273(479打数131安打)  13二塁打 1三塁打 3本塁打 58打点 70得点 17盗塁(.708) 

43三振 43四球 4死球 9犠打 -犠飛 5併殺 出塁率.338 長打率.324 OPS.662

 

※は成績の残っていない年度もあるため正確な数字ではないもの。

 

水爆打線の八番打者の遊撃手、宮崎仁郎選手です。

1946年にグレートリングに入団。チームは優勝したものの打棒が振るわず守備面でも貢献できなかったためか一年で退団して国民リーグの宇草アスレチックスに移籍。しかし国民リーグが1年で解散したためにその年で退団。その翌年は社会人野球を転々とした。

1949年に大陽ロビンスに入団してNPBに復帰。当時の正遊撃手であった松本和雄がいたために出場機会は少なく主に三塁手として出場した。

1950年は松本和雄が中日ドラゴンズに移籍したため正遊撃手を獲得。二塁手である金山次郎とのコンビで1年間守り続けた。また、打撃面でも開花し、本塁打こそ3本のみだったものの打率.273と下位打線としては十二分に心強い打率を誇り、上位打線につなげる打撃で水爆打線の一角を担った。

翌年もラビットボールが廃止されたのにも関わらず打撃成績を伸ばしたが、1953年には年齢や球団か変わったこともあってか成績を大きく落とし、翌1954年に比島カープに移籍するものの全く成績を残せずに同年限りで引退した。

 

査定について

1949~1951年の成績を参考に査定。

基礎能力

打撃に関してはあまりパワーがないので巧打者型に。

走力は三塁打や盗塁企図数などを考慮してこのあたりに。

肩力に関して特に資料はないですが、遊撃手ということでこのあたりに。

守備に関しては失策こそ多いものの守備率は1950年ではむしろ平均よりも若干高いくらいでそれなりに。135試合とほぼフル出場なことも考慮してこのあたりに。

ゴロの捕球に関してはかなり評価されてるのもある。

特殊能力

盗塁C:成功率から見ると物足りないが、走力を下げた補填のようなもの。

内野安打○:長打がかなり少ないため。(単打が極端に多い)

 

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200129181716p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com