パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】山内 一弘(外野手)②【パワナンバー・画像ファイル】

 

今朝の続きです。

今回はドラフト用。

 

f:id:halucrowd:20190907013725j:plain

ご尊顔 

では能力

f:id:halucrowd:20190907013743j:plain

f:id:halucrowd:20190907013746j:plain

山内 一弘

1952~1970年

ポジション:外野手 投打:右投右打

経歴:毎日オリオンズ毎日大映オリオンズ阪神タイガース広島東洋カープ

 

通算記録

2235試合 .295(7702打数2271安打)  448二塁打 54三塁打 396本塁打 1286打点 1218得点 118盗塁(.686) 

820三振 1060四球 29死球 8犠打 88犠飛※ 222併殺 出塁率.378 長打率.521 OPS.899

 

【キャリアハイ】1960年*1

133試合 .313(483打数151安打)  31二塁打 1三塁打 32本塁打 103打点 93得点 5盗塁(.701) 

40三振 67四球 2死球 0犠打 5犠飛 23併殺 出塁率.395 長打率.580 OPS.975

 

通算記録犠飛は1954年からの記録であるため正確な数字ではない。

 

毎日の主砲、「お祭り男」の異名をとった山内一弘選手です。

引退後は国内外、アマチュアプロと多方面で指導者として活躍。いわゆる教えたがりな性格であったことや非常に饒舌なことから「かっぱえびせん*2」と呼ばれた。

高度な打撃理論を持っており、掛布雅之原辰徳らを名選手に育て上げた。

中日監督時代はその打撃理論で強力打線に仕立て上げたものの、優勝がかかった天王山にて相手である高橋慶彦に打撃指導、その試合で高橋が2本塁打を放ち、最終的に2位に甘んじるという教えたがりが災いすることもあった。

名選手を育て上げた一方で落合博満イチローらにはその打撃理論を受け入れられなかった。(落合は後に「その指導が生きていた」と語っている)

その後は個人事務所を設立するなど精力的に活動。2002年には野球殿堂入りを果たした。

2009年2月2日に肝不全のため死去。享年76歳

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190907015828p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:OPSが最も高い1957年、三冠王に近かった1959年もあるが一番見栄えのいい1960年にした。

*2:喋り始めたらやめられないとまらないことから