パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】大岡 虎雄(一塁手)【パワナンバー・画像ファイル】

松竹計画の続きです。

今回は大岡虎雄。

 

f:id:halucrowd:20200115234012j:plain

ご尊顔

 

では能力

f:id:halucrowd:20200125081644j:plain

f:id:halucrowd:20200125081706j:plain


大岡 虎雄

1949~1951年

ポジション:一塁手 投打:右投右打

経歴:豊国中学→八幡製鉄所大映スターズ松竹ロビンス

 

通算記録

275試合 .275(1088打数299安打)  49二塁打 2三塁打 61本塁打 230打点 160得点 9盗塁(.600) 

176三振 109四球 4死球 0犠打 -犠飛 20併殺※ 出塁率.343 長打率.492 OPS.835

 

【1950年成績】キャリアハイ

135試合 .273(552打数155安打)  18二塁打 1三塁打 34本塁打 106打点 86得点 6盗塁(.667) 

78三振 53四球 2死球 0犠打 -犠飛 19併殺 出塁率.346 長打率.502 OPS.848

 

※は成績の残っていない年度もあるため正確な数字ではないもの。

 

水爆打線の五番打者の一塁手、「八幡の虎」と呼ばれた大岡虎雄選手です。

社会人野球の強豪である八幡製鉄所の4番打者として君臨し続け、1931年の日米野球ではラリー・フレンチ投手から2本塁打を放つなど社会人野球でキャリアを積み上げていた。プロ野球発足前年の1935年には東京巨人軍から誘いを受けるも断って八幡製鉄所に残留した。

1949年に大映スターズに助監督兼選手として入団。この時点で37歳間近のオールドルーキーであった。元々高い打力を有しラビットボールが導入されたこともあり、初年度から26本塁打111打点と大活躍。この111打点は新人選手としては1位であり、唯一の3桁打点でもある。

翌1950年は松竹ロビンスに移籍。小鶴、岩本の後ろを打つ水爆打線の5番打者として活躍。1.2kgのバットを振り回し、持ち前の長打力を発揮して打率.281 34本塁打 109打点と38歳とは思えない成績を残してセリーグ初優勝に大きく貢献した。

しかし翌1951年はラビットボール廃止や年齢のこともあってか打棒は振るわず、シーズン途中で退団。そのまま現役を引退した。

社会人野球でもトップの地位を誇っていたため、1リーグ時代から出場していたらとてつもない成績を残していた可能性のある人物である。

 

査定について

1949~1950年の成績を参考に査定。

基礎能力

弾道は明らかな長距離砲なため4に。

ミートは年齢による劣化を見越してこのあたりに。

パワーは本塁打数から。

走力は盗塁や三塁打数からそこまで速くなかったと推測。

肩力はこのあたりに。特に高いということもないだろう。

守備は守備率が同年のほかの一塁手と比較してもかなり悪いためかなり低い査定にした。

特殊能力

チャンスB:打点より。全体的に打っていたと言っても3,4番が走者を帰しているのにこの打点はおかしい。

パワーヒッター:長距離砲らしいので。

プルヒッター:社会人時代はレフト方向にある場外のアパートにボールをよくぶつけていたらしいので。

アウトコースヒッター:腰当たりの外角に強かったとのこと。

威圧感東高校さんの査定をパクりました。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20200125221425p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com