パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

パワプロ2018 サクセスのコツ伝授について

ネット上にある情報とかかき集めただけの記事です。

「コツ伝授ってどうやるんじゃワレ~」っていう人向けですね。コツ伝授について調べた人なら知っている情報だと思いますが一応。

 

 

コツについて

みなさんご存知の通りサクセスでは「コツ」システムがあります。言うなれば必要経験点を軽減してくれるシステムです。

基礎能力・特殊能力(緑特殊能力は除く)それぞれにコツがあり、特に特殊能力はコツの有無で必要経験点が大きく変わってきます。

 

コツの経験点軽減率

コツの経験点軽減率は基礎能力と特殊能力で違っています。以下の通りです。

 

基礎能力

Lv.1:2% Lv.2:4% Lv.3:6% Lv.4:8% Lv.5:10%

 

特殊能力

Lv.1:30% Lv.2:50% Lv.3:60% Lv.4:70% Lv.5:80%

 

以上の通り、基礎能力のコツは(Lv.×2)%と非常に効果が薄いのに対し、特殊能力のコツは30~80%と非常に効果が高い。

また、必要経験点は小数点以下を四捨五入となっているので基礎能力のコツの効果が現れるのは非常に稀。Lv.1では殆ど効果が無いと思っていい。ただし変化球のコツについては必要経験点が高いため多少なりとも効果がある。*1

 

 

サクセスにおけるコツ伝授の条件

コツ伝授の条件は以下の通りです。

・そのキャラクター(モブ含む)の評価が100以上。

・そのキャラクターがスペシャルタッグトレーニングを行っていない。

・主人公が投手なら投手、野手なら野手にのみ発生。(南国リゾートはどちらでも)

・以上の条件で評価×0.1%の確率で発生する。(上限20%)

 

よって継承選手からコツを入手したい場合は

・評価を早期に上げること。

スペシャルタッグトレーニングの条件である基礎能力60以上(球速は148km/h以上・変化球は総変化9以上)を持ってない継承選手であること。ただし精神練習ではスペシャルタッグトレーニングが起こらないので捕球は全開まで上げて良し。

・主人公のポジションを考慮すること。なお、投手専任の場合はケガしにくさ系は伝授されないのでその場合は南国リゾートでやる必要がある。

 

これらの条件を満たす継承選手を作成or見つける必要がある。

 

 

 

伝授されるコツレベル

伝授されるコツレベルは選手の能力によって変化します。これは固有選手(矢部くんとか)、モブ選手、継承選手に関わらず同じです。

☆1~199:Lv.1 ☆200~399:Lv.2 ☆400~599:Lv.3 ☆600~:Lv.4

Lv.5の伝授はないため、被りを心配する場合は早期に取得したほうがいいです。(既に取得した特殊能力のコツは伝授されない)

仮にLv.2のコツを入手した後、同じ選手からコツ伝授を受けて被ったとしても軽減されるのは20%で他のコツを入手したほうが有用な場合が殆どなので。

なお、これは超特殊能力も同じように伝授されます。固有キャラはLv.10で超特殊能力を覚える場合がありますが、それらも伝授可能です。が、終盤にならないと伝授されないのであまり狙わないほうがいいと思います。

また、超特殊能力の下位特殊能力も継承される範囲に含まれます。
(例:継承選手が勝負師を保持している場合、チャンスのコツを伝授してくれる)
ただ、純粋にハズレなので残念がりましょう。

現状、下位特殊能力のコツレベルの方が高い場合はそちらを先に入手したほうが安く済むという情報がありますが、真偽をしっかりと検証していないのでその場合は各自その場で計算してください。(そうそうその状況はないと思いますが)

 

また、上記の通り能力の高い選手ほど伝授されるコツレベルが上がります。が、上述の通り基礎能力を高くするとコツ伝授自体が起こりにくくなるので

・野手の場合は頑張って該当しそうな特殊能力を盛る。(正直どうにもならない)あと弾道はしっかりと4に。

・投手の場合は二刀流にして野手能力を盛る。サブポジションは2つつけること。*2ただし南国リゾートでコツ伝授を行う予定の場合は野手の特殊能力は付けないこと。(鉄則)

パワプロ2018で作成する場合はランク制の特殊能力はCにして、緑特殊能力を可能な限り取っておくこと。

 

以上です。

僕の場合はサクスペで作ることが多いので3つ目は出来ないですね。でも楽なのでサクスペで作ってます。

あと、投手の場合は変化球は盛っています。変化球練習でスペシャルタッグトレーニングが発生するのが面倒ですが☆が高くなって軽減量が大幅に変わるので。

 

 

 

覚えるコツが無い場合

既に継承選手から覚えられるコツを全て取得している場合は基礎能力のコツもしくは能力経験点の獲得となります。というか攻略本に書いてる。

が、基礎能力のコツをそれで入手した覚えがないので能力経験点と考えていいでしょう。その場合はコツ伝授をする選手の一番能力値の高いものに対応する経験点を入手できます。守備の場合は敏捷と技術。

 

その他

今作では威圧感もコツで入手することが可能です。(ただしコツを入手しないと経験点で獲得できない)

威圧感の経験点(コツなし)は以下の通りです。

f:id:halucrowd:20180713043000p:plain

精神を173と表記していますが、おそらく172.5だと思われます。(その方がスッキリしている)

また、コツでの入手になるので実際はこれよりも低くなります。

超特殊能力の経験点は調べるのに骨が折れるので暫くしばら~くお待ちください。

 

獲得できないコツについて

南国リゾートを除き、投手なら投手、野手なら野手のコツ以外は獲得できません

ケガしにくさ系統の特殊能力は野手の特殊能力とカウントされているので鉄人持ちの投手を作成する場合は南国リゾート学園での作成一択となります。

また投手が野手威圧感を入手することは不可能です。南国リゾート学園でも無理です。確認しました。攻略本には「鞍馬の評価160以上で野手投手両方の威圧感のコツLv.5獲得」と書いてますが、無理です。

野手威圧感を保持している継承選手を入れて、野手威圧感以外の特殊能力を全て取得した上でコツ伝授を行いましたが、コツ伝授は行われず基礎経験点の入手になりました。

現在KONAMI社に問い合わせているので改善されるかもしれません。気長に待ちましょう。ちなみにこれのせいで二人ほど作りたいのに作れない選手が出てきています。

 

「コツの計算がめんどくせえ!!」という人はExcelのデータですがこんなツールを用意しています。

www.heroin-powerpro.com

 

こちらの記事を軽く読んでお使いください。

 

以上です。

*1:少なくとも5万円とかいうボッタクリの変化球系ボールより遥かに効果がある

*2:サブポジションを2つつけると☆が最大になる。同じサブポジを上げるよりも複数のサブポジを上げる方が重要。適正レベルは関係なし