パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【現役選手・パワプロ2018】アルバート スアレス(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

本日、入団が発表された選手の公開です。

 

f:id:halucrowd:20181212220551j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20181212230049j:plain

 

f:id:halucrowd:20181212230051j:plain

f:id:halucrowd:20181212230055j:plain

アルバート ジョー スアレス

2019年~

ポジション:投手 投打:右投右打

 

【今季AAA成績】2018年

31登板(内4先発) 63回1/3 4.97 勝率.000 0勝1敗 4H 1S

完投0 完封0 奪三振51(率7.25) 33四球 1死球 四死球率4.83 暴投4 

本塁打8(率1.137) 被安打74 失点39 自責点35 WHIP1.69

 

MLB通算成績】2016~2017年

40登板(内12先発) 115回2/3 4.51 勝率.273 3勝8敗 1H 1S

完投0 完封0 奪三振88(率6.85) 37四球 5死球 四死球率3.27 暴投2 

本塁打15(率1.167) 被安打112 失点60 自責点38 WHIP1.29

 

本日、東京ヤクルトスワローズが獲得を発表したアルバートスアレス選手です。福岡ソフトバンクホークスに所属しているロベルト・スアレス実弟

MAX154km/hのストレートと多彩な変化球で打ち取るリリーバー。特にカーブの精度が優れており、昨季MLBでは被打率.188と圧巻の投球を見せた。また、昨季MLBでは防御率5.12ながら被打率は.230と高い水準を保っており、十分に活躍できる素材を有している。

しかし今季AAAでは防御率4.97、被打率.298とPCL全体よりも悪い数字を出している。また、昨冬のウィンターリーグから大きくコントロールを乱しており、暴投や死球が軒並み上昇しており、このコントロールの乱れをいかに修正するかが勝負の鍵となるか。

 

 

 

査定について

基礎能力

球速は今季の情報が見当たらなかったため昨季最速の154km/h。

コントロールはおそらくMLB時代ではある程度のコントロールがあったことや今季の大きな乱れを考慮した結果、間を取った形となった。乱調をいれることで調整もしている。

スタミナはロングリリーフや先発の経験があることからリリーバーとしては高めに。しかし今季の投球回数は4回1/3が最高だったため先発としては多少物足りない数字にした。

変化球

持ち球はフォーシーム、カーブ、スライダー、シンカー、チェンジアップ。

全てそれなりに投げるもののカーブの被打率が.188と良い。スライダーも.190と非常に良いため採用。同様にシンカーの被打率も.200と高水準なため採用。

チェンジアップは被打率・使用頻度ともに少ないため除外。

殆ど被打率が同じため使用頻度で総変化を決めた。

※全て2017年MLBシーズンのデータを採用しています。

特殊能力

対左打者E:昨季MLB、今季AAA共に左打者に弱い。ただし昨季は対右とOPSにあまり差がなかったことからEに留めた。

ノビE:ストレートの被打率.278

打球反応○:非常にフィールディングが上手いので。

牽制○:牽制もタイミングが取りづらい投げ方で上手かったので。

キレ○:正直調整用。スライダーのキレが良かったため。

乱調:今季の大荒れから。四球もつけるか迷ったもののやりすぎな気がしたので自重した。

一発:被本塁打率より。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20181212230121p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com

 

以上。