パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【現役・パワプロ2020】フェルナンド・ロメロ(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

DeNAと契約合意間近と言われている選手の公開です。

 

f:id:halucrowd:20201220013206j:plain

ご尊顔。

 

では能力

f:id:halucrowd:20201220014305j:plain

f:id:halucrowd:20201220014309j:plain

f:id:halucrowd:20201220014312j:plain

フェルナンド エルネスト ロメロ ペラルタ

2021年~

ポジション:投手 投打:右投右打

 

【今季AAA成績】2019年

35登板(内1先発) 57回2/3 4.37 勝率.333 2勝4敗 -H 4S

完投0 完封0 奪三振63(率9.83) 四球29 死球7 四死球率5.62 暴投12 

本塁打7(率1.092) 被安打53 失点36 自責点28 WHIP1.422

 

 

DeNAと契約合意間近と報じられたフェルナンド・ロメロ選手です。

最速160km/hに迫るツーシームとキレのあるスライダーが持ち味の右腕。昨季のMLBでは少ない出場ながらもリリーフとしてツーシームの平均球速156.7km/hと安定した球速を記録。スライダーも振ったら半分以上空振りと精度の高いもの。

2018年までは先発を中心に出場していたものの2019年は主にリリーフとして登板しており、短いイニングに思い切り投げるためか奪三振率が大幅に上昇。一方で制球面に課題があり、昨季は3Aで57回2/3を投げて7つの死球に12の暴投と非常に荒れ球。特にリリーフ転向後からこの傾向が顕著になっておりそこをどう解決するかが課題となるか。

今季はコロナ禍もあってかキャンプ前に入国拒否、その後もビザが下りなかったことから今季の出場はドミニカのウィンターリーグのみということも不安要素の一つか。

 

査定について

基礎能力

球速は昨季最速の159km/h。

コントロールは課題があるので低めに。

スタミナは先発をしていたこともあって高めに。とはいえリリーフ起用すると思いますが…。

変化球

フォーシーム、ツーシーム、スライダー、チェンジアップを確認。

全て採用して武器であるスライダーを変化量5に。チェンジアップは落ちるのでサークルチェンジに。

特殊能力

対左打者FMLB通算対左被OPS:.891 対右被OPS:.736

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20201220014423p:plain

パワプロ2020で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com