パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】柚木 進(投手)①【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの続きです。

今回は柚木進。

 

f:id:halucrowd:20190529225611j:plain

ご尊顔

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20190529225644j:plain

f:id:halucrowd:20190529225646j:plain

f:id:halucrowd:20190529225649j:plain

柚木 進

1948~1956年

ポジション:投手 投打:左投左打

経歴:呉港中学→法政大学→南海ホークス

 

通算記録

281登板(内163先発) 1511回2/3 2.49 勝率.658 123勝64敗 

完投69 完封15 奪三振728(率4.33) 四球1808 死球72 四死球率2.00 暴投9 被本塁打80(率0.476) 被安打1338 失点527 自責点418 WHIP1.10

 

【キャリアハイ】1952年*1

40登板(内17先発) 193回0/3 1.91 勝率.731 19勝7敗 

完投9 完封2 奪三振104(率4.85) 四球28 死球2 四死球率1.40 暴投1 被本塁打6(率0.280) 被安打160 失点53 自責点41 WHIP0.97

 

戦後の南海を支えたエース、柚木進です。

法政大学ではエースとして活躍。内角に入り込む速球で打ち取る速球派投手であった。しかし第二次大戦により応召、戦後もソ連の捕虜としてシベリア抑留の憂き目に遭い、そのとき腰を痛めたり突然の脱力感に襲われるなどの後遺症が残った。

1948年に帰国し、鶴岡一人の熱意に圧されて南海ホークスに入団。初年度ながら19勝を挙げて以後南海ホークスのエースとして活躍した。

長いブランクや上述の後遺症などから2年目には球威が衰えたものの抜群の制球力と投球術で打者を翻弄し、技巧派として名を馳せた。1952年には最優秀防御率、最高勝率、最多奪三振の三冠を達成し、MVPにも選ばれるなど華々しい活躍を見せた。一方でシーズン20勝には唯一届かず、19勝を4度記録するなど大台に乗ることは出来なかった。

徐々に成績を落として1956年で引退。引退後はコーチやスカウトなどを歴任。南海の黄金時代を支えた。1968年を最後に現場では活動していなかったが1978年に再び投手コーチとして球団に復帰。村上之宏を抜擢して新人王に導いた。同年限りで退団。

1997年10月22日に死去。享年77歳。

 

 

 

査定について

技巧派としての活躍が目立ったので技巧派として作成。

基礎能力

球速はそこそこ程度に。

コントロールは「完璧ともいえる」など書いてあったことから盛りました。

スタミナはこの時代の投手としては低めに。投球回がエースとしては若干少ないというのもあります。

変化球

おさーるDATA BOXさんからは「大きなカーブ」のみ。他にスローカーブ、ドロップ、シュート。

シュートとドロップを採用し、スローカーブは仕様上の問題もあって無視。

大きなカーブとドロップ、シュートということで6,3,2の総変化11。

特殊能力

打たれ強さE:「突然の脱力感」要素。結果を見る限り安定した投手でないということも大きい。

回復C:基本的に黎明期のエース級はB以上になるんですが、柚木は登板数が多くないことと最後の1/3イニング投球とかいう謎起用もあるのでCにしています。

クロスファイヤー:対角線への球威を高めるため。内角攻めにしなかったのは対左Cにしたため。

リリース○:技巧派要素。

緩急○:技巧派要素。実際に巧みな投球術で打ち取ってたらしい。

勝ち運:当時の南海打線が強いことも大きいですが、援護点が結構あるのでつけました。

寸前:「突然の脱力感」要素。実際に最終回に失点して落としている試合が時々ある。

 

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190529225715p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com

*1:数字だけ見れば1948年の方が上ですが傑出度で言えばこちらの方が上なので1952年を採用している