パワプロのことを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのことを書くだけです。

【現役選手・パワプロ2018】カイル マーティン(投手)【パワナンバー・画像ファイル】

本日、獲得が発表された選手の公開です。

 

f:id:halucrowd:20180726180348j:plain

ご尊顔

では能力

 

f:id:halucrowd:20180726181422j:plain

f:id:halucrowd:20180726181425j:plain

f:id:halucrowd:20180726181426j:plain

 

カイル ジャレッド マーティン

2013年~

ポジション:投手 投打:右投右打

 

【メジャー通算成績】2017年のみ

2登板(内0先発) 2回1/3 3.86 勝率.--- 0勝0敗 0H 0S

完投0 完封0 奪三振1(率3.86) 四球2 死球0 四死球率7.71 暴投0 

本塁打1(率3.857) 被安打2 失点1 自責点1 WHIP1.71

 

【今季マイナー成績】2018年

30登板(内0先発) 51回1/3 3.33 勝率.600 3勝2敗 -H 1S

完投0 完封0 奪三振57(率9.99) 四球28 死球2 四死球率5.08 暴投3 

本塁打2(率0.351) 被安打39 失点24 自責点19 WHIP1.31

 

本日、西武ライオンズより獲得が公表されたカイル マーティン選手です。

レッドソックス傘下から移籍。2メートルを超える身長から繰り出される最高96マイルの速球と横にすべるようなスライダー、そして速球と同じような振りで繰り出されるチェンジアップが持ち味。

しかしその反面、非常に投球が不安定であり今季は51回で死球2、暴投3と荒れており四死球率は5.00を超えるなど制球面に大きな課題がある。

昨年はメジャーに昇格し投げるものの出場機会をあまり貰えずにそのままマイナー降格。出場機会を求めてか来日。

中継ぎ陣に不安が残る西武の良いリリーフとして名を残せるか。

 

査定について

基礎能力

 

球速はこちらから最高96マイルということで155km/h。*1

コントロールは荒れ球なことからここまで下げた。四球もついている。

スタミナは回またぎなどをしていることから上げようかと思ったものの回またぎをしてもそこまで安定しているわけではないのでこのあたりに。

 

変化球

同様にこちらの記事からフォーシーム、スライダー、チェンジアップを採用。

スライダーは水平線に動くようなということから縦スラなどではなく普通のスライダーを採用。

チェンジアップはサークルチェンジであるとのことからサークルチェンジを採用。

スライダーが強そうだと思ったので総変化7でスライダーを1だけ大きくした。

 

特殊能力

 

対左打者C:今季は対左:.200 対右:.219と大きな変化はないものの昨季は対左:.202 対右:.340 と非常に左打者に強いことから。Bにしても良かった気もする。

クイックE:あんまし上手そうじゃなかったので…。

奪三振:今季の奪三振率から。正直「活躍して欲しい」欲の表れです。キレ○にしておけば良かった気もしないでもない。

球速安定:平均が92-94マイルと高い値で安定しているため。

四球四死球率を参照。

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20180726183228p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com

 

以上。

*1:実を言うと154.5km/hなのだがちょっと盛った