パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

パワプロ2018サクセスでやった失敗の一覧

とりあえず今後みなさんが同じ徹を踏まないようにというのと自分用のメモ&戒めとして自分がサクセスでやった失敗を一覧にしました。

 

基本的に選手の再現のための記事なので興味のない人は流し読みしてくれたほうがいい。KONAMI社に対する皮肉がたっぷり詰まってたりするのでご注意

 

パワフル第二高校

・「比較的早く作れるだろう」とタカを括って2回目以降をプレイしたことそのもの。(全然強い選手が作れない。新屋敷で結構苦労した。)

・多目口のイベントで力配分を手に入れたこと。(どのイベントか参照する気もない)

 

南国リゾート学園

・鞍馬のイベントで威圧感やオリジナル変化球を入手するために2回一緒に練習する必要があったのにガン無視したこと。

・花鳥から超特殊能力の本を手に入れるために負けないといけないのを誤解して勝ってしまったこと。

・「いちごと一緒にいけるだろう」とタカをくくって若菜をマネージャーにしたこと。

・いちごイベントで、花鳥と一緒にバッティングセンターに行くイベントを10月1週までに済ませなかったこと

・8月3週までに風香さんにドラ息子についての報告に行かなかったので行動力が30削られたこと

 

五竜郭高校

・「いいやつ」を入手するために4時間も無駄にしたこと。(いちごイベントを早めに済ませればいらない)

・若菜の評価を無駄に上げすぎて2年生の正月とかで行動力を大幅に削られたこと

・1年目で若菜以外の彼女候補の評価を上げすぎて「行動力回復」の発動が遅れたこと

・若菜の告白を受けたこと。(確かレベルが上がらないか何かだったはず)

・「お!一刀の若菜ルート*1に入れるじゃん!一応見ておくか」と思ってなーんも考えずに入ったこと(人気者などの特殊能力がエピローグで勝手につく)

・双三のイベントを2年の12月末までには1度は踏んでおかないといけなかったのに踏み忘れて監督から超特殊能力の本を貰いそびれたこと。

・覆水くんから威圧感のコツを入手するために春の甲子園で優勝する必要があったのだが、完全に失念していて「まあ負けてもいけるやろ」と進んだこと。

・九条のイベントで好感度200なら夏の甲子園優勝後のエピローグでプレッシャーラン*2奪三振を取得するのだが、どうあがいても好感度が200になってしまってつけてしまったこと。

・若菜のイベントを進めたこと(普通に進めていたらムード○or精神的支柱が強制取得)

 

五竜郭は長い分多いですね。

とりあえずパッと思い出せる限りではこんなところです。同じ徹を踏まないように頑張ってください。大体南国リゾート五竜郭高校の攻略記事で書いたことが多いというよりも大体このあたりの反省を生かして書いたのですが。

*1:マジでどういう神経をしていたら恋愛要素のあるゲームで彼女候補を他の男とくっつけようとするのか本当に理解に苦しむ。どうせ「おもろいやろ」というなーんも考えてない頭で作ったんだろうけど、誰も幸せにならないからライター辞めたほうがいい気がする

*2:この特殊能力を作ったやつは誰だァ!!!? 真面目な話、こんなわけのわからない挙動をする特殊能力に置き換えるくらいだったら体当りとゲッツー崩しをそのままにして「コリジョンルール」って項目を作ってこのあたりの特殊能力無効化で良かったよ。