パワプロのことを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのことを書くだけです。

五竜郭高校での育成についての注意点まとめ

先日書いたとおりのやつです。

注意点のまとめです。まあ攻略本持ってりゃいらない情報です。

 

断片的だから完全に網羅したい人は攻略本買ってください。

 

 

これはあくまで「狙った能力」にするために注意する点についてです。

「金特いっぱいとろう!」と考えている人には不要な注意点も含まれているのでご注意。基本的に強制取得・強制上昇などを書いておく。

 

注意点

双三 雄一

ノート練習について

覆水から貰ったノート練習ですが、次の段階に進むまでの過程は以下の通りです

①双三がノートを見せてくれと言い、「はい」を選択(「ダメ」でも可?)

②ノート練習だが、25ページ進むまでは同じイベントを繰り返す。「おまかせ」を選ぶと体力に応じて進むページ数が決まるが、多少ランダム要素がある。場合によっては一気に25ページ進むことも。(体力138で最大まで溜まっている状態で確認)

③25ページ進んだ段階で練習をすると覆水との思い出イベントになり次の段階へ

④ノートの解析イベントが起こり、これが監督イベントへのフラグとなる。*1

⑤ ②同様に25ページ進めるまで同じイベントを繰り返す。

⑥ 25ページ進めた段階で再度イベントをすると投手はオリジナル変化球、野手は超特殊能力を取得。内容は伝説のサヨナラ男 高速レーザー 切り込み隊長 のいずれか。

 

なお、強制取得のため上記の能力が必要ない場合はイベントを進めないこと。

オリジナル変化球については強制取得かは未確認。おそらく強制取得と思われる。

 

他のフラグについて

⑥まで進めて甲子園優勝すると覆水とのエピローグが発生。威圧感のコツおよび超特殊能力の本*2を取得可能。(取得するコツのレベルは覆水もしくはいちごの評価が関わってくる)

 

よって、双三のイベントは上記の強制取得するものが必要ない場合は④のイベントまでに済ませること(監督のイベントでは多岐に渡る超特殊能力が貰えるので、必要ない場合でも2ターンで75,000円の金策になるので非常に有用)

また、威圧感が欲しいが上記の能力が不要な場合は1年生のうちに覆水から練習でコツを取得する(評価100以上必要な上運が絡む)か、威圧感持ちの継承選手をデッキに入れておく必要がある。

 

【オリジナル変化球について】

オリジナル変化球についてだが、今作では上書きが可能。

例えばフォーク方向にオリジナル変化球を持っており、継承選手もしくは双三のオリジナル変化球取得イベントでシュート方向にオリジナル変化球を取得した場合、フォーク方向はただの「フォーク」となる。

基礎変化球*3を持っている選手でかつオリジナル変化球を持っている場合は敢えて取得する予定のない方向のオリジナル変化球を取得しておき、後に上書きすることでノーコストで新しい球種を覚えることが可能。(4球種などでは200ほどの変化球経験点が節約可能に)

眉村の作成時は予め双三のイベントにてフォーク方向にオリジナル変化球を取得しておき、オリジナルストレートであるジャイロボールを取得することにより大幅な変化球経験点の節約をした。

 

出井田 文飛

出井田メソッドでは以下のように能力が上昇する注意すること。

なお、+1など書いている場合はその基礎能力が強制上昇するという意。

 

投手

コントロール70以上は経験点 6069は+1 59以下は+2

球速:145km/h以上は経験点 135~144km/hは+1 134以下は+2(Ver.2.0より)

球速改:150km/h以上は経験点 140~149km/hは+1 139以下は+2(Ver.3.0より)

変化球:1度目は球種取得。2回目以降は所持球種の変化量が3未満の場合、該当する変化球の変化量+1。全て3以上なら経験点。(Ver.4.0より)

 

野手

ミート:70以上は経験点 6069は+1 59以下は+2

パワー:70以上は経験点 6069は+1 59以下は+2(Ver.2.0より)

走力:70以上は経験点 6069は+1 59以下は+2(Ver.2.0より)

パワー改:70以上は経験点 6069は+2 59以下は+3(Ver.3.0より)

走力改:70以上は経験点 6069は+2 59以下は+3(Ver.2.0より)

弾道:弾道3以上は経験点 2以下は+1(Ver.4.0より)

 

一刀 将

一刀は超特殊能力は強制取得である。しかし、基本的に一刀のイベントは超特殊能力狙いでなければ進めないのでこの点は問題ない。

しかし、問題はエピローグである。甲子園優勝時、評価が200(MAX)であればエピローグにて対強打者○もしくはサヨナラ男が強制取得となる。非常に厄介な罠である。

回避する場合は評価が上がらないように注意する必要がある。もしくは該当する超特殊能力を持った継承選手をデッキに入れておき、そもそもイベントを進めないという手段をとれば良い。

 

小野分 虎文

小野分はポジションを変更することが出来る。しかしそれに付随するイベントにより、基礎能力が強制上昇することがある。

小野分との練習(コツLv.1を取得するランダムイベント)を行った場合、以下のように強制上昇する。ただし小野分が一塁手の場合は上昇項目はない。

捕手:守備 捕球 +1 キャッチャー+1 *4

二塁手:守備 捕球 +1

三塁手:捕球 +1

遊撃手:守備 捕球 +1

外野手:走力+1 肩力+1*5

 

この一点に注意すれば、イベント数が多いものの大量にアイテムが取得できるので小野分のイベントは進める価値が十二分にあるといえる。

 

九条 万能

一刀と同じく超特殊能力が強制取得であり、評価が200(MAX)のとき甲子園優勝時のエピローグで奪三振もしくはプレッシャーランが強制取得される。

同様に避けるために評価については考えておいたほうがいい。

 

市枝いちご

育成をする過程においていちごは非常に有用なので通過する人が多く、知っているかと思うが一応書いておく。

いちごのイベントを進めていくといちごの父親がケガをし、その様子を見にいくイベントでチャンスもしくは回復が+1される。よってチャンスDor回復D以下の選手を作る場合は小雪のイベントを踏む必要があり、非常に煩雑である。

ある程度の資金がなければ小雪は現れないので、資金繰りには注意しておきたい。

 

咲須かのん

ランダムイベントで行動力を全力で蝕んでくる厄介な存在。何故か彼女だけランダムイベントで当たり前のように行動力を蝕んでくる。

マジでどうしようもないので「出てこないでください」と祈っておいてください。

 

若菜初美

イベントを進めた際、3年の地区大会決勝前に評価160以上で勝ち運もしくは精神的支柱強制取得する。

好感度に気をつけるか、マネージャースキルの「行動力回復」を取得したら放置するのが吉。

 

以上。注意点でした。もしかしたら追加する可能性がある。

*1:このあと、二度パワマップで監督がいる「練習グラウンド」を選ぶと超特殊能力の本が取得可能。ただしポジションごとに違う上、内容は多岐に渡る

*2:投手は驚異の切れ味or本塁打厳禁 外野手はストライク送球 他の野手の場合はアーチストか大番狂わせ

*3:スライダー・カーブ・フォーク・シンカー(スクリュー)・シュート

*4:主人公が捕手時のみ特殊能力「キャッチャー」が上昇

*5:主人公が野手時のみ肩力が上昇