パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】西沢 道夫(一塁手)②※1952年シーズン【パワナンバー・画像ファイル】

 リクエスト案件です。かなりかかってしまった…。

 

f:id:halucrowd:20181227175849j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20181228005457j:plain

f:id:halucrowd:20181228005459j:plain

西沢 道夫

1937~1959年

ポジション:一塁手 (投手) 投打:右投右打

経歴:品川区立第二日野高等小学校→名古屋軍&中部日本軍→ゴールドスター&金星スターズ中日ドラゴンズ名古屋ドラゴンズ

※プロ入り後に旧制鹿児島総合中学・日本大学に所属したものの時期が不明なためここには記載していない。

 

通算記録

1704試合 .286(5999打数1717安打)  271二塁打 24三塁打 212本塁打 940打点 750得点 56盗塁(.651)

478三振 501四球 17死球 6犠打 17犠飛※ 142併殺※ 出塁率.343 長打率.445 OPS.788

 

【キャリアハイ2】1952年

113試合 .353(433打数153安打)  27二塁打 1三塁打 20本塁打 98打点 79得点 8盗塁(.888)

34三振 54四球 1死球 0犠打 -犠飛 15併殺 出塁率.426 長打率.559 OPS.985

 

※太字はリーグ1位の記録 赤太字は歴代1位 犠飛、併殺は記録がない年があるため正確な数字ではない。

 

投打で活躍した「初代・ミスタードラゴンズ西沢道夫選手です。

「歴代最年少出場」「世界最長1試合投球イニング*1」「シーズン満塁本塁打記録5本」と数多くのプロ野球記録を保持している人物。

シーズンは別ではあるものの20勝と40本塁打を記録したことのある唯一の選手であり、投手としても打者としても活躍した数少ない選手の一人である。

 

査定について

リクエストである1952年を中心に査定。基本的に前回から変えているものを記載している。

また1951年に打率が.270と大きく成績を落としているもののラビットボール廃止からその対策を講じた結果の1952年以降の成績だと考え、違うような形の打者として捉えた。

基礎能力

ミートは打率からガッツリ上げた。

パワーも本塁打数より類推。

捕球は守備率が改善していることから捕球技術が向上したと判断。

特殊能力

チャンスB打点王としての箔。

盗塁C:盗塁成功率より。Bを与えるには企図数が足りなかった。

走塁D三塁打の減少より。

パワーヒッター削除本塁打数の減少より。また、51年を挟んで打撃のやり方が変わっていると判断。

プルヒッター削除:そもそも真偽不明だったことから削除。打撃フォームもそれなりに変化していると判断。

アベレージヒッター:打率より。

満塁男:シーズン満塁本塁打記録保持者としての箔。該当年ではないため青特に下方修正。

アウトコースヒッター:補正としての役割があるが、非常に長いバットを使用していたことから外のコースにも対応できたのではと判断。

固め打ち:補正。1949年の8月3日~8日にかけて5試合連続猛打賞を受賞していることもある。

併殺:非常に併殺打が多いため。記録が始まってから1シーズンを除いて全て2桁。

 

雑感

この時代の選手になるとよっぽどのことがない限り年度ごとの記載がないのでそれなりに苦労しました。半分くらいは妄想で補っています。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20181228005525p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:大洋の野口二郎と並んで