パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】野口 明(捕手)② ※1950年版【パワナンバー・画像ファイル】

今朝の続きです。

今回は捕手版

 

f:id:halucrowd:20190305151148j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190308181319j:plain

f:id:halucrowd:20190308181320j:plain

野口 明

1936~1956年

ポジション:捕手 一塁手 (投手) 投打:右投右打

経歴:中京商業学校→旧制明治大学東京セネタース大洋軍西鉄軍阪急軍&阪急ブレーブス中日ドラゴンズ名古屋ドラゴンズ

明治大学は中退

 

通算記録

1326試合 .251(4666打数1169安打)  209二塁打 38三塁打 61本塁打 572打点 459得点 29盗塁(.---) 

373三振 393四球 8死球 13犠打 2犠飛※ 41併殺※ 出塁率.310 長打率.351 OPS.661

 

【キャリアハイ】1950年

137試合 .271(538打数146安打)  28二塁打 2三塁打 18本塁打 73打点 65得点 3盗塁(.500) 

40三振 33四球 0死球 0犠打 -犠飛 6併殺 出塁率.313 長打率.431 OPS.745

 

※は記録のない年があるため本来より少ない

 

 

様々な球団を渡り歩いた野口兄弟の長男、野口明選手です。

兵役から帰ってきた後は主に一塁主としてプレイ。青田昇打点王を分かち合うなどや主としても活躍した。

1948年オフには中日ドラゴンズに移籍し、本格的に正捕手としてマスクを被ることに。好リードも手伝って打撃成績はそこまで振るわなかったものの1951年、1952年にはベストナインに選出。1954年には球団初の日本一に貢献した。

1955年には兼任監督も務めたものの選手としての出場は2試合に留まり、1956年シーズン終了後に現役を引退し退団した。

引退後は喫茶店を営み、球界には携わらなかった。

1996年10月5日に肺がんのため死去。享年79歳

 

査定について

1950年あたりから査定しています。

基礎能力

弾道は本塁打数から3に。

打撃成績からミート・パワーを設定。

走力は三塁打などが多くあるものの盗塁数が少ないことなどから抑え目に。

肩は捕手としてはそこそこ程度に。投手としての登板がなくなったことや中日移籍まで捕手としての出場が非常に少なかったこともある。

守備はそこそこ程度に。

特殊能力

キャッチャーBこちらの記事杉下茂選手の発言や青竹龍尾さんの記事から。一般的な捕手より格上感があるので。

悪球打ち:四球が異様に少ないため。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190308181449p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com