パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】野口 明(投手)① ※1937年版【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの公開です。

今回は野口明

 

f:id:halucrowd:20190305141758j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190308180033j:plain

f:id:halucrowd:20190308180036j:plain

f:id:halucrowd:20190308180038j:plain

野口 明

1936~1955年

ポジション:投手 捕手 一塁手 投打:右投右打

経歴:中京商業学校→旧制明治大学東京セネタース大洋軍西鉄軍阪急軍&阪急ブレーブス中日ドラゴンズ名古屋ドラゴンズ

明治大学は中退

 

【打者通算記録

1326試合 .251(4666打数1169安打)  209二塁打 38三塁打 61本塁打 572打点 459得点 29盗塁(.---) 

373三振 393四球 8死球 13犠打 2犠飛※ 41併殺※ 出塁率.310 長打率.351 OPS.661

 

【キャリアハイ】1950年

137試合 .271(538打数146安打)  28二塁打 2三塁打 18本塁打 73打点 65得点 3盗塁(.500) 

40三振 33四球 0死球 0犠打 -犠飛 6併殺 出塁率.313 長打率.431 OPS.745

 

※は記録のない年があるため本来より少ない

 

【投手通算記録

113登板(内84先発) 751回0/3 2.54 勝率.551 49勝40敗 

完投58 完封10 奪三振328(率3.93) 四球301 死球4 四死球率3.66 暴投5 被本塁打22(率0.264) 被安打662 失点295 自責点212 WHIP1.28

 

【キャリアハイ】1937年春

37登板(内30先発) 257回0/3 1.58 勝率.731 19勝7敗 

完投20 完封3 奪三振142(率4.97) 四球85 死球1 四死球率3.05 暴投2 被本塁打3(率0.105) 被安打196 失点70 自責点45 WHIP1.09

 

 

様々な球団を渡り歩いた野口兄弟の長男、野口明選手です。

京商業学校の野球部に所属し、戦前の中京商野球部の黄金期を支えた正捕手であり、吉田正男とのバッテリーを組み夏の甲子園3連覇を達成するなどアマチュア野球で大活躍した。

明治大学に進学したものの1936年に日本職業野球連盟の発足に伴って東京セネタースの選手として引き抜かれたことから中退。その肩を生かして主に投手として出場することとなる。開幕戦に登板して見事勝利投手となった。

1937年の春にはチーム勝利数の6割以上を一人で稼ぐなど大車輪の働きを見せたものの翌シーズンの秋には酷使が祟ったのか成績を落とした。しかし最多勝を獲得し最多投球回を記録するなどセネタースのエースとして活躍した。翌1938年から4年間は兵役に服した。1942年に復帰。

しかし、その後の投手としての登板は非常に少なく成績も振るわなかった。おそらく兵役時に大きな支障を負ったと思われる。 

 

査定について

投手としていい成績を残しているので投手版を作成した方がいいかと思って作成しました。一応1937年辺りを参考にしています。

基礎能力

球速は不明。しかし当時としてはそこそこ速かっただろうと思いこの辺りに。

コントロール四死球率などからなんとなく概算。死球が少ないので若干高めに。

スタミナは完投数などを鑑みて思いっきり高めに。

特殊能力

対ピンチB:完封数などから

ケガしにくさB:異常な投球実績でありながらなんだかんだ投げているため。

回復A:中一日とか平気でやっていたのでしかも完投。

尻上がり:完投数などから

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190308180938p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com