パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】川崎 徳次(投手)②【パワナンバー・画像ファイル】

今朝の続きです。

今回はドラフト用。

 

f:id:halucrowd:20190627221433j:plain

ご尊顔

 

 

では能力。

f:id:halucrowd:20190627221454j:plain

f:id:halucrowd:20190627221457j:plain

f:id:halucrowd:20190627221500j:plain

川崎 徳次

1940~1957年

ポジション:投手 投打:右投右打

経歴:旧制龍谷中学→久留米商業学校→撫順炭鉱→南海軍東京巨人軍読売ジャイアンツ西鉄クリッパース&西鉄ライオンズ

 

通算記録

505登板(内303先発) 2870回1/3 2.53 勝率.547 188勝156敗 

完投172 完封49 奪三振1148(率3.60) 四球980 死球42 四死球率3.20 暴投6 被本塁打120(率0.376) 被安打2352 失点1005 自責点805 WHIP1.16

 

【キャリアハイ】1953年

47登板(内23先発) 294回1/3 1.98 勝率.615 24勝15敗 

完投18 完封5 奪三振110(率3.36) 四球78 死球3 四死球率2.48 暴投0 被本塁打9(率0.275) 被安打238 失点86 自責点65 WHIP1.07

 

戦後の巨人と黎明期の西鉄を支えた大投手、川崎徳次選手です。

 

大投手として活躍したものの彼にまつわるエピソードでは打たれたものが非常に多い。

戦後初めての登板では大下弘プロ野球初の20本塁打目を記録され、1948年5月29日に9回無死1塁の場面で登板して杉山悟に逆転サヨナラ弾を浴びてプロ野球初の1球敗戦投手に。1949年オフに行われた初の日米野球では相手のマイナーリーグのチームに1死も取れずに降板した。

特に有名なのは1949年4月26日の試合であり、被本塁打8本13失点を喫するものの完投勝利を果たしたものである。これには自身の3本塁打を含んだ4安打9打点を含むチーム打線の奮迅と起用を続けた中島治康監督代行の力も大きい。

なお、この試合が行われた兼六園球場は両翼91m、センターは100メートルという非常に狭い球場であり、その日はセンター方向に強い風が吹いていたという非常に打高になりやすい状況であり、両軍合わせて28得点13本塁打が出たとんでもない試合であった。この1試合13本塁打は現在もプロ野球記録として残っている。

 

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190627222344p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

その他の選手についてはこちらから!

www.heroin-powerpro.com