パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】杉山 悟(外野手)①【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの公開です。

今回は杉山悟

 

f:id:halucrowd:20190514225004j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190519161055j:plain

f:id:halucrowd:20190519161059j:plain

杉山 悟

1948~1960年

ポジション:外野手 投打:右投右打

経歴:旧制岡崎中学→ユタカ産業→中日ドラゴンズ名古屋ドラゴンズ国鉄スワローズ近鉄バファロー

 

通算記録

1391試合 .249(4762打数1184安打)  222二塁打 39三塁打 209本塁打 698打点 593得点 105盗塁(.559) 

789三振 377四球 24死球 18犠打 16犠飛※ 93併殺※ 出塁率.307 長打率.443 OPS.750

 

【キャリアハイ】1952年

99試合 .306(360打数110安打)  29二塁打 5三塁打 27本塁打 84打点 68得点 11盗塁(.579) 

53三振 52四球 2死球 1犠打 -犠飛 11併殺 出塁率.396 長打率.639 OPS1.035

 

通算記録犠飛および併殺は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

 

 

「デカちゃん」の愛称で親しまれた中日初優勝の立役者の1人、杉山悟選手です。

当時兼任監督を務めていた杉浦清の目に留まり、長打力を期待されて1948年に中日ドラゴンズへ入団。2年目にはラビットボールも手伝って期待に応える形で31本塁打を放つなど中核選手として活躍。

1952年には自身唯一となる3割台に到達。本塁打も27本放って本塁打王を獲得するなどリーグ全体の打撃成績が悪化する中、十分に結果を残した。また、この27本のうち15本は4月までの21試合で稼いだものである。しかし5月以降は大失速をすることとなる。

1954年には同じく中核を担っていた西沢道夫と共にチーム打点の多くを稼いで打点王を獲得し、チーム初のリーグ優勝と日本一に大きく貢献した。しかし、その日本シリーズ第1戦にて頭部に死球を受けて腰が引けるクセがついてしまい、その後の記録を徐々に落としていく原因となってしまった。

1959年に国鉄スワローズ、1960年に近鉄バファローに移籍するも共に結果は出せずに現役を引退。

引退後は古巣である中日の二軍監督やコーチ、東映(現日ハム)のコーチを務め、野球解説者も務めている時期もあった。

2009年3月27日に肺がんのため死去。享年83歳。

 

 

査定について

キャリアハイである1952年を中心に査定。

基礎能力

弾道は明らかに長距離砲であることから4

ミートは前後の年の打率とリーグ打率などから考えてこのあたりに。

パワーは本塁打率が高い(13.33)ことからA85

走力は遅いらしいのだが、外野がもたついたとは言えランニングホームランまで放っているのでこれ以上は無理。

肩力はレフトを守っていたことから外野手としては低めに。

守備・捕球も低めに。レフトを守っていたこともあるが足の遅さを補う要素もある。

特殊能力

チャンスC:成績の部分も大きいが中軸をになっていたことから。

盗塁F:盗塁成功率から。Gでもいい気がするが走力をそこそこ程度にしたのでこのあたりに。

固め打ち:1試合2本塁打を21試合で4回。

パワーヒッター:長距離砲。

 

余談

春男ください…。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190519162632p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com