パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】与那嶺 要(外野手)②【パワナンバー・画像ファイル】

今朝の続きです。

今回はドラフト用。

 

f:id:halucrowd:20190524231904j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190524231849j:plain

f:id:halucrowd:20190524231858j:plain

与那嶺 要(ウォレス・カナメ・ヨナミネ)

1951~1962年

ポジション:外野手 投打:左投左打

経歴:ラハイナルナ高校→フェリントン高校→ハワイ朝日→読売ジャイアンツ中日ドラゴンズ

 

通算記録

1219試合 .311(4298打数1337安打)  238二塁打 45三塁打 82本塁打 482打点 707得点 163盗塁(.738) 

553三振 522四球 20死球 79犠打 21犠飛※ 68併殺 出塁率.387 長打率.445 OPS.831

 

【キャリアハイ】1954年

125試合 .361(477打数172安打)  40二塁打 6三塁打 10本塁打 69打点 93得点 20盗塁(.690) 

56三振 69四球 2死球 10犠打 3犠飛 5併殺 出塁率.441 長打率.532 OPS.974

 

通算記録犠飛は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

 

ウォーリー与那嶺」で親しまれた戦後初の外国人選手、与那嶺要選手です。

日本にアメリカ仕込みのクロスプレーや併殺崩しといった走塁技術を持ち込み、「スカートを履いたお嬢様野球」と揶揄された日本プロ野球に革命を起こした。

他にもセーフティバントやダイビングキャッチ、ベースランニングでコーナー内側を蹴って90度に素早くスライドするなどの技術を齎した。

記録面では川上哲治首位打者を競い合ったことや川上が専任監督に就任したことに伴って大きく成績を落としていた与那嶺を自由契約にしたことなどから確執が生まれていた。後に与那嶺は監督として川上哲治率いる巨人を下して中日ドラゴンズを優勝に導くこととなる。

 

 

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190524233128p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com