パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】広岡 達朗(遊撃手)①【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの公開です。

今回は広岡達朗のルーキーイヤー。

 

f:id:halucrowd:20190816224103j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190816224129j:plain

f:id:halucrowd:20190816224132j:plain

広岡 達朗

1954~1966

ポジション:遊撃手 二塁手 三塁手 投打:右投右打

経歴:呉三津田高校→早稲田大学読売ジャイアンツ

 

通算記録

1327試合 .240(4513打数1081安打)  167二塁打 39三塁打 117本塁打 465打点 603得点 115盗塁(.669) 

780三振 410四球 39死球 77犠打 27犠飛 84併殺 出塁率.307 長打率.372 OPS.678

 

【打撃キャリアハイ】1954年

112試合 .314(341打数107安打)  19二塁打 2三塁打 15本塁打 67打点 58得点 9盗塁(.692) 

49三振 54四球 4死球 2犠打 4犠飛 5併殺 出塁率.409 長打率.513 OPS.923

 

  

読売ジャイアンツ出身の重鎮、広岡達朗選手です。

名門早稲田大学を経て1954年に読売ジャイアンツに入団。初年度から平井三郎からレギュラーを奪って打率.314 15本塁打 67打点と好成績をマークして新人王に選ばれるなど華々しいデビューを飾った。しかし後年に評価を受ける守備面では上手くいかず、エラーをした責任を守備範囲の狭さに定評のあった川上哲治に責任転嫁。これが以後の野球人生に大きく影響することとなる*1

しかし翌年以降は本塁打は2桁ほど記録するも打率は安定せず、ルーキーイヤーがキャリアハイとなってしまうこととなる。 

 

査定について

1954年を査定。ただし後年のことなども若干考慮している

基礎能力

弾道は3。4にするか迷ったがそこまで長距離砲としての色はなかったので。

ミートは後年の成績なども考慮するとこれ以上上げるのは難しかった。

パワーはこの年代にしては打てているので大きく。

走力は翌年の三塁打数や盗塁数などを考慮。

肩力は翌年三塁手を任されていることや強肩であるという記述から大きく。

守備は1年目は全然だったらしいので下げました。捕球も同様に。

特殊能力

チャンスE:後年の打点の低さを考慮して

固め打ちマルチヒットが非常に多いため。本来固め打ちは3安打につけるべきだがつけていいと判断。

エラー:上述のエピソードなどを踏まえて。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190816224241p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:とは言え、広岡選手の気性を考えるとこれがなくても避けられないことではあったと思うが