パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】平井 正明(遊撃手)②【パワナンバー・画像ファイル】

続きです。

今回はドラフト用

では能力

f:id:halucrowd:20190308201627j:plain

f:id:halucrowd:20190308201630j:plain

平井 正明(本名は平井 三郎。正明は1952年までの登録名)

1948~1957年

ポジション:遊撃手 二塁手 (三塁手) 投打:右投右打

経歴:徳島商業高校→明治大学→全徳島→阪急ブレーブス西日本パイレーツ読売ジャイアンツ

 

通算記録

1009試合 .277(3566打数988安打)  153二塁打 47三塁打 51本塁打 408打点 539得点 168盗塁(.677) 

232三振 310四球 14死球 81犠打 5犠飛※ 45併殺※ 出塁率.337 長打率.389 OPS.727

 

【キャリアハイ】1950年

103試合 .309(437打数135安打)  15二塁打 3三塁打 13本塁打 56打点 76得点 28盗塁(.757) 

27三振 37四球 0死球 2犠打 -犠飛 8併殺 出塁率.363 長打率.446 OPS.809

 

通算記録犠飛および併殺は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

 

 

安定した打撃と守備で魅せた巨人の遊撃手、平井正明選手です。本名は平井三郎

ノンプロの全徳島を経て1948年に阪急ブレーブスに入団。すぐに遊撃手のレギュラーをもぎ取るとチームトップ打率を記録するなど中心人物に躍り出る。

1950年の球界再編問題で西日本パイレーツに移籍。特別秀でた賞を獲得しなかったものの自身唯一となる3割13本を記録するなど活躍。しかし西日本の経営不振などが重なり巨人に移籍*1。当時の巨人は2リーグ分裂時に白石勝巳を広島カープに譲渡したのがきっかけで正遊撃手を定められずに困っていたところだった。

移籍後は正遊撃手として千葉茂との二遊間を組んで3年連続日本一に大きく貢献した。しかし1954年に広岡達朗が入団し鮮烈なデビューを果たすことで出場機会が減少。1956年には完全にポジションを明け渡す形になり二塁手へ。しかし1957年には心臓弁膜症を患ったことを起因として現役を引退。

1959年には近鉄バファローの監督であった千葉茂に誘われて内野コーチに就任。しかし成績不振から1961年をもって共に近鉄を退団。その後阪神のスカウトやコーチを歴任。

最終的には名古屋市内で喫茶店を営んでいた。上述の心臓弁膜症の影響もあってか1969年7月23日死去。享年45歳。 

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190308201658p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:西日本パイレーツ西鉄クリッパースと合併して西鉄ライオンズパリーグ)に。その際に巨人が「西日本の選手の保有権はセリーグにある」と主張し、それが通った形となって巨人に移籍した