パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】白石 勝巳(遊撃手)①【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの公開です。

今回は白石勝巳

 

f:id:halucrowd:20190123004715p:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190123004751j:plain

f:id:halucrowd:20190123004753j:plain

白石 勝巳

1936~1956年

ポジション:遊撃手 (一塁手) 投打:右投右打

経歴:旧制広陵中学校*1東京巨人軍→パシフィック→植良組*2読売ジャイアンツ→広島カープ

 

通算記録

1651試合 .256(6151打数1574安打)  244二塁打 58三塁打 84本塁打 571打点 911得点 210盗塁(ー) 

688三振 936四球 43死球 85犠打 10犠飛※ 39併殺※ 出塁率.358 長打率.355 OPS.713

 

【キャリアハイ】1950年

136試合 .304(533打数162安打)  25二塁打 5三塁打 20本塁打 58打点 92得点 7盗塁(.700) 

54三振 77四球 4死球 1犠打 -犠飛 9併殺 出塁率.396 長打率.482 OPS.878

 

○「※」は記録がない年があるため本当ならもう少しある

○通算盗塁記録に関しては盗塁死の記録がないため計測不可

 

 

 

「逆シングルの名手」白石勝巳選手です。

プロ野球創成期に広陵中を中退して東京巨人軍に入団。1936年のアメリカ遠征では夏季から参加。しかし、球団の内紛により三原脩水原茂ら主要選手が退団していたことなどもあり惨敗した。

その後行われた「茂林寺の特訓」の成果もあってか秋季大会で巨人はプロ野球史上初の優勝を果たし、優勝に貢献した。その後も打撃十傑入りを果たすなど良い成績をたたき出し続けるも1944年に応召。幸運にも部隊長が巨人ファンであったことから前線から離され、戦闘を経験することなく終戦を迎えた。

その後、藤村富美男の弟である藤村隆男の誘いで1946年にパシフィックに入団。しかし球団の了承を得なかったことから巨人が抗議するなど球団の帰属問題でひと悶着あったりした。この年をもって生涯できる仕事への転職を考えパシフィックを退団し、別府にある植良組に入社。

野球から離れようとしていた矢先、社長より野球部設立の件と監督の任されて渋々承諾。強豪揃いの地区であり、名選手の勧誘も上手くいかなかったため無名の高校生や懇意にしていた藤村隆男を集めて地区予選決勝まで進むも惨敗。しかしその手腕は評価された。

翌1948年に巨人が別府でキャンプを張り、中島治康千葉茂らから声をかけられ巨人の復帰を決意し、1948年に復帰。千葉茂と1,2番のコンビを組みリードオフマンとして活躍。1949年には巨人の戦後初優勝に貢献した。

しかし「三原ポカリ事件」などによる巨人内部の対立などが激化したことや年齢による不安などから選手兼助監督として1950年に設立間もない広島カープに移籍。広島市民からの熱烈な応援をされたものの資金不足から集会などにも狩り出された。

広島では主力選手として活躍する一方、監督である石本が金策に奔走しなければならなかったために創立時から実質的な監督業もこなし、選手補強などにも関わるなど広島カープの首脳陣としても活躍。東洋工業の社長とも懇意にしていた関係から広島市民球場の建設費などの工面も行った。1953年からは選手兼監督に。

しかし年齢のこともあり大きな成績は残せないまま1956年をもって引退。そのまま監督を務め続ける。1960年に球団初の勝率5割(62勝61敗7分)を達成。チームの地固めは済んだとして監督を退任。

1963年には再び監督に就任。1965年に休養を挟んで監督を辞任。その後は評論家として活躍していたものの1968年に川上哲治の要請で巨人のヘッドコーチに就任。二軍監督や監督補佐、さらには寮長兼コーチと歴任し、1974年に川上の監督勇退とともに退団。

1985年には野球殿堂入りを果たす。2000年12月11日に心不全のため死去。享年82歳。

 

査定について

キャリアハイである1950年を中心に査定。ですが、おそらく身体能力的なピークはもう少し前の時代なので盛ったりしてるところがあります。

基礎能力

弾道は本塁打数から3に。中距離打者らしい成績でもあるため。

ミートは打率などからC62。パワーは本塁打数を考慮して。

走力は俊足であったことや戦前には30近い盗塁を決めていることからA80

肩力はわからなかったものの遊撃手として十分に機能しただろうことからB台に。

守備は守備範囲が広かったことからA88

捕球は後述のエラーのことを考慮して多少上方修正した。

 

 

特殊能力

チャンスE得点圏打率は不明だが、1~2番起用が多かったこと。1950年はチーム2位の本塁打数であるにも関わらず3番から1番に起用変更がなされており、「ここぞ」というときに打てなかったのではないかと推測。

守備職人:守備が非常に上手かったとのことから。モーションも良くなるだろうという意味もある。

チャンスメーカー:上述のチャンスEの補填。無論1,2番を打っていたことから非得点圏ではしっかりと打てた可能性も十分考えられる。

エラー:守備の名手で守備範囲が広かったために無理のある守備から失策が絡んだことを考慮。パワプロでは表現しにくいので「ここぞというときに失策してしまう」感で表現した。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190123004854p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:ただしプロ入りするためか中退している

*2:当時存在した建設会社。つまり社会人野球