パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】宇野 光雄(三塁手)【パワナンバー・画像ファイル】

歴代ベストナインの公開です。

今回は宇野光雄

 

f:id:halucrowd:20190815222807j:plain

ご尊顔

では能力

f:id:halucrowd:20190815222608j:plain

f:id:halucrowd:20190815222611j:plain

宇野 光雄

1947~1948、1950~1956年

ポジション:三塁手  (一塁手 二塁手) 投打:右投右打

経歴:旧制和歌山中学→慶應義塾大学→藤倉電線→読売ジャイアンツ→新東宝読売ジャイアンツ国鉄スワローズ

 

通算記録

633試合 .280(2155打数604安打)  86二塁打 13三塁打 30本塁打 292打点 251得点 73盗塁(.737) 

146三振 165四球 21死球 24犠打 7犠飛※ 78併殺※ 出塁率.336 長打率.374 OPS.710

 

【キャリアハイ】1951年

111試合 .303(390打数118安打)  17二塁打 4三塁打 3本塁打 59打点 66得点 23盗塁(.742) 

15三振 38四球 3死球 8犠打 -犠飛 14併殺 出塁率.369 長打率.390 OPS.759

 

通算記録犠飛、併殺は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

  

二リーグ制直後の巨人の正三塁手で黎明期の国鉄を支えた宇野光雄選手です。

中学時代は春の選抜の4年連続出場、大学でも戦前の名選手として名を馳せていた選手であった。1947年に三原脩の熱烈な勧誘を受けて読売ジャイアンツへ入団。

しかし、入団直後に肩を壊してしまいほとんど出場も出来ないまま1948年途中で退団するもその経歴から1950年に巨人の二軍監督に抜擢。指揮を執っている内に肩の故障が改善したためそのまま選手としても復帰し、規定打席未到達ながらも.300を記録して翌年には正三塁手を奪取してキャリアハイとなる.303を記録。見事なカムバックを果たす。

1953年にはハワイから来日してきた柏枝文治にレギュラーを奪われる形で出場試合数が減り、オフに国鉄スワローズにトレード移籍された。

事実上の放出をされた宇野は巨人に対して闘志を燃やして1954年の対巨人戦では打率.338と猛打を振るった。翌1955年まで正三塁手を務めるものの40近い年齢のこともあってか1956年をもって現役を引退。

現役時代から続けていた監督に専念し、またもや巨人に闘志を燃やして対巨人戦は弱小であった国鉄でありながら11勝13敗と健闘*1。シーズンも初の4位となる。しかしそれ以上の結果は出せずに4年連続4位で勝率5割も達成できずに1960年には最下位に転落。同年限りで監督を引退した。

その後は大毎オリオンズの監督やラジオの解説者、中日ドラゴンズのヘッドコーチなどを歴任。その後は主に解説行に勤しんだ。

1994年4月17日に多発性骨髄腫のため死去。享年77歳。

 

 

査定について

1951年を中心に査定。

基礎能力

打撃能力は成績から。

走力は盗塁企図数などから。ただし高齢であったため若干押さえ目に。

肩力は肩を壊していたことなどを考慮して大幅に下げた。

守備は名手であったことから高めに。ただし後述の高速チャージをつける関係から下げた。

捕球は肩の弱さを補うために前進守備をしていたことから捕球能力が弱くなると推測し、弱めに。

特殊能力

粘り打ち:1951年三振率3.85%

高速チャージ:肩を補うために前進守備していたことを考慮。その分守備が窮屈になると考えたため守備の値は若干下げた。

 

なお、ドラフト用は年齢や能力を考慮して作成しません。

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190815222902p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com

*1:ちなみに巨人と国鉄は最終的に21ゲーム離された