パワプロのこととかを書くブログ

タイトルどおりです。パワプロのこととかを書くだけです。

【OB・パワプロ2018】箱田 淳(二塁手)②【パワナンバー・画像ファイル】

今朝の続きです。

今回はドラフト用。

 

では能力

f:id:halucrowd:20190720223503j:plain

f:id:halucrowd:20190720223506j:plain

箱田 淳(本名:箱田 弘志)

1951~1964年

ポジション:二塁手 三塁手 一塁手 投打:右投右打

経歴:盈進商業学校→国鉄スワローズ大洋ホエールズ

 

通算記録

1279試合 .261(3807打数993安打)  129二塁打 42三塁打 80本塁打 364打点 389得点 95盗塁(.664) 

330三振 188四球 12死球 38犠打 24犠飛※ 104併殺 出塁率.296 長打率.380 OPS.676

 

【キャリアハイ】1954年

121試合 .323(464打数150安打)  24二塁打 7三塁打 9本塁打 51打点 56得点 6盗塁(.750) 

33三振 12四球 1死球 3犠打 3犠飛 20併殺 出塁率.340 長打率.463 OPS.803

 

通算記録犠飛は記録されていない年があるため正確な数字ではない。

  

黎明期のスワローズを支えた箱田淳選手です。

1951年に国鉄スワローズに入団。投手での入団であったが球団事情から内野手としても数試合ではあったものの出場。投手としては主にリリーフとして登板し、3年間で187回2/3を投げたが思ったような数字を挙げられなかった。

4年目である1954年に打者転向を決意。これが功を奏して転向年に自信のキャリアハイとなる打率.323を記録。球団創設史上初めての三割打者となった。翌年は成績を伸ばせなかったものの1956年にはリーグトップとなる13三塁打を記録するなど積極的なプレーで三塁手としても活躍。貧打の国鉄打線を引っ張る存在として活躍した。

1960年オフに宇野光雄が最下位の引責辞任したことに伴ってA級10年選手制度の権利を行使。大洋ホエールズに移籍。しかしポジション争いに負ける形で出場が減り1964年に現役を引退。

引退後は野球解説者として活躍し、2002年にはスワローズOB会を発足を手伝い、それまでバラバラだった国鉄~現ヤクルトまでの球団OB組織を纏め上げた。このOB会を通じて少年野球の指導を行っていたが現在はおそらく退いている。

現在もご存命。

 

 

 

 

 

画像ファイル

f:id:halucrowd:20190720223627p:plain

パワプロ2018で使用可能。

画像ファイルの使用方法についてはこちらを参照してください

 

 

 その他の選手はこちら

www.heroin-powerpro.com